寄稿

40代、50代で転職に成功する人の特徴と、成功しない人の違い

// 近年、業績の悪化による倒産やリストラ、ブラック企業でのサービス残業などなど・・・無事、定年を迎えることができなくなってきました。 40代といえば、結婚していれば子供にお金がかかる時期でもあり、マイホームなど購入していれば、尚更お金が必須で…

得意を伸ばして仕事につなげる 私の転職体験記

// 私は現在85歳。70歳で大学教授を定年退職し、その後も在宅で書き物などを続けてきました。さすが80歳を超えると仕事を頼まれることはほとんどなくなりましたが、今も在宅の仕事を見つけて毎日頑張っています。 なぜこれができるのかを考えると、まずは健…

同年代の同僚が転職するにあたり自分の転職経験を振り返る

// 最近、職場の40代の同僚が転職することになった。 彼は私より年は3つ下だが4年先輩で職場の中で一緒に仕事をする時間が最も長い人物だった。それに触発されて、今までの転職について考えてみた。 なぜ今の仕事は続いているのか? 私も転職経験は多い方…

人事担当者から見た応募者で期待できる人・できない人

// 私は現在企業での人事担当をしています。今の職場の前には逆に転職支援の仕事をしていたこともあり、応募側・採用側両方の経験があるということになります。 今回は人事担当者から見て、期待できそうな応募者と期待できない応募者の判断基準をいくつか紹…

私がIターン転職で成功した方法

// 私は、大学卒業後、販促プロモーションの事業を行なっている会社に4年間勤めました。その後、退職を決意し、今は地方の個人事務所で会計の仕事をしております。 そこで今回は、地方への転職活動と、他業種への転職活動の2つのテーマについて同時にお話で…

34歳で外資系金融に転職した成功体験

// 私は大学を卒業した後、日本の大手銀行に就職しました。法人営業部門に在籍し、東証一部上場企業を含む大手企業を担当し、海外支店にも勤務しました。 海外支店の勤務から帰国して少し経ったタイミングで外資系の銀行に転職しました。34歳でした。 転職し…

38歳、6度目の転職、成功のコツと失敗談

// 私は38歳にして、6度目の転職へチャレンジし、転職することができました。 転職回数が6度というのは面接官にネガティブな印象を与えてしまいます。 そのような状況で、どのようにして転職できたのかについてご紹介いたします。 大学を卒業後、いろいろな…

企業選びから面接までの転職のコツ 私の方法

// 私は新卒で入社した金融機関から、言語サービス系の上場企業へと転職することに成功した。 正直に言うと、金融機関を辞めたのは「嫌になったから」だ。度重なるパワハラ・セクハラにすっかり気が滅入ってしまっていた。 つまり、「やりたいことがあったか…

転職で成功するための戦略的な考え方について

// 私は新卒で入社したIT企業から、大手メーカーに転職した。転職活動は2ヶ月、第一志望としていた会社に無事転職することができた。 その際に得た、転職をする際に大事にすべき考え方と、成功するためのコツをご紹介する。 いわゆる王道のコツというよりは…

ブラック企業へ入職し転職を決意するまで

// 私は大学の就職活動時、就職氷河期で40社受けても内定がもらえないことは当たり前と言われる時代だった。 正直、大学まで行ったので就職浪人だけは避けたいと思っていた。『就職氷河期で贅沢は言っていられないので入職できてお給料がそこそこもらえたら…

40代の転職を考える! 確実に成功させるキーポイントとは?

// 皆さんは現在の仕事に満足しているでしょうか? ここ数年、キャリアアップや将来を見据えて転職を希望するビジネスマンは年々増えていると言います。入社して3年も経たずに別の企業への転職を希望する若者が全体の3割近くもいるというから驚きです。 入…

IT系転職の失敗談

// 転職エージェントが正しい選択とは限らない!IT系転職の失敗談 年収を落とさず、自分の得意分野で活躍してゆける職場へ転職したい。 この場合、自分の築いた人脈を駆使して転職することがもっとも理想的です。 しかし、自信をもって人脈がある!と断言で…

転職活動で失敗しないポイントとは?

■転職活動で失敗しないポイントは?気になる注意点を伝授 今やっている仕事にやりがいが感じない。上司のストレスでもう耐えれない等、転職を考えている方は少なくはないでしょう。ただ闇雲に転職先を探したとしても本末転倒です。 そのまま何も考えずに転職…

転職で成功するには?私の方法

// ほとんどの人は転職活動の経験が乏しいわけですから、不安のなかで転職活動を進めているのではないでしょうか。 この記事では、私流の「転職で成功する方法」を紹介しています。少し、視点を変えて転職活動にトライしてみると、新たな道も開けてくるもの…