40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

転職本

おすすめの転職本を紹介します。転職検討の初期から役に立つ”転職本”でおすすめできるものを紹介してゆきます。

定年まで待つな! 成毛眞を読んでみた感想

成毛眞さんの本、定年まで待つな!一生稼げる逆転のキャリア戦略(PHPビジネス新書)を読んでみた。 成毛さんはマイクロソフトの日本法人の社長を勤め、インスパイアというコンサルティング会社を創業したり、書籍紹介サービスの『HONZ』を運営されたりして…

40歳からの転職格差を読んでみた感想

// リクナビの編集長など、リクルートの人材領域で活躍され、独立してミドル世代専門の転職コンサルタントをされている黒田 真行さんの著書、40歳からの転職格差を読んでみた。副題はまだ間に合う人、もう手遅れな人。 本の帯には、「あなたの将来は、年収90…

坂の上の坂 藤原和博著 感想

藤原さんの本は今までに数冊手に取ってみたが働くことについて新しい視点を提供してくれるので価値を感じている。 この本「坂の上の坂」(副題は55歳までにやっておきたい55のこと)も同様。これからシニアを迎える人々が55歳ぐらいになるまでにどのような心…

40代を後悔しない50のリスト 感想

大塚寿さんの著書 40代を後悔しない50のリストを手にとってみた(大塚寿さん関連の過去記事:「資料送っておいて」と言われたらチャンスと思え!感想)。 副題は1万人の失敗談からわかった人生の法則。 著者の大塚さんはリクルートを経てMBAをとった後に、セ…

初めての転職で私の背中を押してくれた本

// 昭和後半世代の私ではありますが、大学を卒業し社会人生活を歩み始めた時は、「入社した会社で定年まで勤め上げる」という価値観を持っていました。 結婚して子供が産まれた時、その価値観が一層強くなったのを覚えています。 ただ、子供が小学生に上がり…

35歳からの転職成功マニュアルを読んだ感想

少しでもやりたい分野に近かったら、ジョブディスクリプションをしっかり読み返すこともなく、よく考えずに・十分にカスタマイズすることもなく応募して、バシバシ落ちる。 のべつ幕なしに応募をしていたら、そのうち応募できるところが少なくなって、いたず…

中高年の転職必勝法 中谷充宏 感想

// 職場でちょっとモメ事があり、自分の今後の身の処し方を考えているタイミングで手に取った本。そんなタイミングだったこともあるためか、かなり参考になると思えた。 この本はさらっと読めるが、職務経歴書をどう書くか・面接対策はどうやるかを中心に知…

一生、同じ会社で働きますか? 山崎元 感想

// 「12回転職した」のキャッチフレーズで有名な山崎元さんの本「一生、同じ会社で働きますか?」を手に取ってみた。山崎さんは転職=悪の方程式が必ずしも正しくないことを日本で広めたエヴァンジェリスト的な存在の方。 やはり、 12回の転職経験で酸いも甘…

人材コンサルタントに騙されるなを読んでみた感想

// キャリア公務員から民間のキャリアコンサルタントに転職した著者山本直治さんによる人材コンサル業の内幕を書いた本、人材コンサルタントに騙されるなを読んでみた。 筆者がなぜ公務員から民間に転職したのかという疑問は誰でも持つところであるが実は本…

転職に失敗したくない人が読む本: IT・コンサル業界で内定15社の経験者が語るエージェント活用術 感想

// この本(転職に失敗したくない人が読む本: IT・コンサル業界で内定15社の経験者が語るエージェント活用術)、 Kindleで気軽に手に取れる本ではあるが、著者の体験から語られる転職エージェントの使い方はかなり参考になるのでネタバレにならない範囲で紹…

会社人生を後悔しない40代からの仕事術 感想

// 会社で年下の人と働くことが多くなり、そんな彼らとどう接すればいいか、のー天気であまり考えない方ではあるけど、多様な価値観を持った若手が増えていることもあり、少しばかり戸惑う時もある。そんな40代の人にぴったりの本を見つけたのでご紹介。 会…

40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい 感想

// 元マイクロソフト日本法人社長で、大学の教授やHONZという書評サイトを主宰する成毛 真さんの本。成毛さんというと歯にもの着せない発言で有名な人だが、本書もかなり攻めた内容になっていた。(特に40代の人に向けて)会社人生活はなるようにしかならな…

いい人材紹介悪い人材紹介について 給料戦争 を読んで

PHP文庫のビジネス戦略ノベルシリーズの一つである給料戦争 竹内謙礼 青木寿幸著を読んでみた。 // このシリーズを手に取ったのは初めて。 著者の一人竹内謙礼さんはネットビジネスの業界では有名な方なんで名前は存じていたが、まさか小説まで出されれると…

キャリアショック 高橋俊介 感想

// 山口周さんの本転職は寝て待てに感銘を受けて、そのもと本の一つとなっている高橋俊介氏のキャリアショックというを手にとってみた。 2000年に初版が出たということだが、この20年の変化を先取りしたと思わせる内容である。 経団連の会長やトヨタの社長な…

40歳からのサバイバル転職術(海老一宏)を読んでみた感想

40歳からのサバイバル転職術著者を手にとってみた。 著者の海老一宏さんは大手鉄鋼関連の素材メーカーに就業や食品会社での管理職業務についた後、エンタメビジネスで起業して一定程度大きくしたものの、ある時期に苦境に陥り、人材紹介業に入りヘッドハンタ…

外資系キャリアの出世術を読んだ感想

外資系キャリアの出世術を読んでみた。サブタイトルは会社があなたに教えない50の秘密。 同著者の外資系キャリアの転職術に続いて読んでみた。その名前の通り、50のテーマで企業で出世するための秘密が語られている。 出世の極意としても雇用を守る極意とし…

30代40代のための転職成功ガイド 感想

キャリアカウンセラーの中谷充宏さんの書かれた本、30代40代のための転職成功ガイドを読んでみた。 本書のウリは何といっても履歴書の事例が豊富に掲載されていて、しかもボリュームが多いことだと思う。ここまでリアルに・丁寧に載せている本はいまだかつて…

一生食べられる働き方 元Google日本法人社長村上憲郎著を読んだ

一生食べられる働き方 を読んでみた 以前このブログでも村上式シンプル英語勉強法という本を紹介したが、今度は同著者による『一生食べられる働き方』という本を読んでみた。 一生食べられる働き方 (PHP新書) [Kindle版] 村上憲郎 PHP研究所 2012-03-30 私は…

10 年後、後悔しないための自分の道の選び方を読んだ感想

本日はボブ・トビンさんが執筆された「10 年後、後悔しないための自分の道の選び方」をご紹介いたします。 まず表紙の「未来のために、今を生きよう、考えよう」というキャッチコピーと「あなたは、望みどおりの人生を生きている、と言えますか?」という文…

外資系キャリアの転職術 感想

外資系キャリアの転職術を読んでみた。副題は採用担当者があなたに教えない44の秘密。著者のシンシア・シャビロさんはアメリカのワークプレイスコンサルタントかつキャリアアドバイザーをやっている方だとのこと。 同著者の外資系での出世の方法を書いた本「…

成功する40代・50代の転職術 感想

佐々木一美さんの書いた成功する40代・50代の転職術という本(副題は60日以内に採用が決まる実践プログラム。)を読んでみた。佐々木さんは大手企業の部長職を経て転職コンサル会社の「ベルコリンズ研究所」という会社を経営されている転職アドバイスのプロ…

採用基準(伊賀泰代)を読んでみた感想

著者の伊賀さんはコンサルティング会社、マッキンゼーのコンサルタントを経て、同社の採用マネージャーを12年務め、その後キャリアコンサルタントとして独立された方。 その伊賀さんが採用基準ということで、マッキンゼーが欲しい人材像について書いた本。副…

自分に適した仕事がないと思ったら読む本を読んでみた感想

福澤徹三さんの自分に適した仕事がないと思ったら読む本を読んでみた。サブタイトルは落ちこぼれの就職転職術。 著者は印刷会社•広告代理店•百貨店などを経て作家や専門学校の講師をやってきた人だとのこと。 専門学校で指導しているというだけあってどちら…

なぜ成功する人はアジアしか見ないのか 加藤順彦 感想

著者の加藤さんは昔私が担当していた日広というインターネット広告代理店の社長さんだった方だ。実は私はその当時社長だった加藤さんとも打ち合わせを数回はしたことがあった。 社長さんが加藤さんから別の方に変わったこと自体は把握していたのだが、ライブ…

どこでも誰とでも働ける 尾原和啓 感想

どこでも誰とでも働ける 尾原和啓 著(副題は12の会社で学んだ”これから”の仕事と転職のルール)を手に取ってみた。著者の名前はよく目にしていたが実際に手に取ってみたのは初めて。 本書は著者が転職等で12の会社を渡り歩き獲得した働き方や転職についての…

転職面接必勝法(細井智彦)を読んだ感想

リクルートエージェントのキャリアアドバイザー細井 智彦さんの本、転職面接必勝法を読んでみた。 転職面接によくある誤解や不採用の事例と原因分析、相手である面接官について、転職の理由や志望動機をどう用意するか、当日の準備はどう行うか、などなど面…

エネルギーを奪う仕事、もらえる仕事 藤原和博 感想

リクルート出身で、今は中学校の校長をやっていることでも有名な藤原和博さんのエネルギーを奪う仕事、もらえる仕事を読んでおります。 エネルギーを奪う仕事、もらえる仕事 藤原さんはリクルート時代、普通のサラリーマンを経て、”フェロー”という職務の第…