40代転職ガイド

あなたの40代での転職を応援するミドルメディア

転職活動の初動と情報収集方法について

f:id:biz_rim:20211031222146j:plain

情報収集をより効率的に行う方法とは?

 

 

転職の潮時を考える

大学を卒業して新卒で入社した会社に長く勤めているという方は多いと思います。日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。



社員を一度雇用したら、定年まで解雇することはしないという終身雇用制度が、多くの日本の会社では設けられています。ただ近年、働き方の多様化によって、終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。



このような時代背景の影響もあり、この先もいま勤めている会社でずっと働いていくべきなのかどうかと転職について考える人も増えてきています。



日本国内で転職をする場合は、30歳前後が狙い目です。実際に転職をする人は30歳前後が多く、うまくいきやすいといいます。なぜ転職するのかというと、それまでの経験を活かしてよりキャリアアップをするためには、30歳前後がちょうど良い時期だからです。



今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。それだけの期間、同じ仕事をしていれば、ある程度の経験を積み多くのスキルは身につけることが出来ます。そのため、より高い待遇の会社や、さらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。



また、これ以上年齢を重ねてしまうと転職がより難しいものになってしまうという点も、転職を考えるようになるきっかけの1つといえるでしょう。

 

30代までの転職と、それ以降の退職は難易度が全くちがいますので、転職が可能なうちに、行きたい会社への転職を挑戦してみるといいでしょう。

 

転職は何をきっかけにして考えるようになるのか

終身雇用という考え方は時代と共に少なくなり、転職することに対する抵抗感はだんだんと薄れてきています。


転職をせずに定年まで勤め上げることが善という考え方から、自分の能力を活かすための転職という価値観が広まりつつあります。



結婚をして家族が増えたり、自分自身の今後のことを見つめ直す時に実行するかどうかは別にして、転職を考える人はいると思います。



会社で働いていると、県外や国外への転勤を打診されたり、想定外の働き方を求められたりします。



独身の頃は、勤務地がどこでも構わないと考えていた人だとしても、結婚し子をもうけ、単身赴任を求められると、また条件は異なってくるものです。



結婚をして子どもが産まれたことで、自分の子どもを転勤族の自分に付き合わせて良いものかと考えるかも知れません。



子供がいる人が転勤する場合は、転勤する毎に子どもも一緒に転校をするか、自身のみが単身赴任をするかの選択をしなければなりません。



転職をして、もう転勤のない働き方がしたいという価値観にシフトするような人もいます。何を選ぶかは家族で相談することになりますが、家族が増えることは、転職を考えるきっかけの1つになります。



体に問題が起きて、これまでどおりの働き方ができなくなった場合や、近くに住んでいる親戚で手伝いがいる人が出たりと、生活環境が変わるったことが転職の理由になる人もいます。



人によっては、転職をしたために、休日が減ったり、給与が減ったりと、何かしら妥協が必要になる場合もあります。



その時には全てを手に入れようとせず、何を1番大切にするかなど、優先順位を付けることも、転職を考える時には大切なことです。

今の仕事に違和感を覚えたら転職を考える時

今現在の働いている会社での労働環境に気になる点を感じたら、転職を考える良い機会です。



学生から社会人になる時に勤め始めた会社を、定年退職前にやめる日本人は、以前は少数でした。



会社に対して多少の不満があったとしても、我慢することは当たり前であり、定年まで勤め上げることが美徳とされていました。



しっかり働いていればいいことがあると思う人が多かったのは、年功序列制や、終身雇用制がバックにあったためです。



しっかり働いて、会社にとって必要な人材になることで、会社も社員を庇護してくれるから、転職は損というものの見方といえます。



けれども、近年では同じ会社にずっといるのではなくて、転職をすることで社会的な成功をおさめる人もいます。昔は実質的に不可能だと言われた業種を変える事も可能になり、転職に対するマイナスイメージもほとんど無くなってきています。



少し前まで、日本で転職を考える時には、以前働いていた業界と同じ業界でなければ、転職は難しいと思われていたようです。



現在では、転職支援サービスの普及によって、その壁は一切無くなってきており、比較的自由に転職活動ができるようになってきています。



転職をしたことで、民間の企業から公共機関へと職場を変えることができたという人など、転職を行う時の選択肢は非常に広がっているといえるでしょう。



人によっては、新卒で採用されてから数年間は事務の仕事をしていたけれども、転職をしてから営業や企画の仕事をしているという人もいます。



転職をしようか考える方は、転職あっせんサイトや、ハローホークで十分に情報収集をして、どうすれば仕事を見つけられるかを考えてみましょう。

 

転職活動を開始するタイミングは??

何ヶ月くらいかけて転職活動をするつもりなのかは、事前にイメージしておくといいでしょう。



転職活動の流れを応募から書類選考、面接、内定、入社という順番で考えると、通常は全部で3~4か月はかかるのではないでしょうか。



それぞれの段階を、1週間刻みでこなしていくと考えるとわかりやすいでしょう。けれども、どのようなタイムスパンで進むかは、会社ごとに差があります。





転職活動をする時には、イメージしていたよりもずっと話が早く進んでしまうことがあります。採用が決まったら、即日でも仕事をしてほしいという会社もあります。



転職活動をする時に、半年後から働き始めるつもりでスケジュールを組んでいたけれど、会社のほうは3カ月後から来てほしいと考えてることもあるわけです。多少は入社日の相談にはのってくれますが、基本的には3~4か月後には入社できる状態で活動するものとして転職活動の計画を立てましょう。



転職活動をスタートさせる時には、キャリアの棚卸し作業が必須になります。勤めていた会社で、どんな仕事を担当し、どんな技術を会得し、何ができるようになったのかを一つ一つ書き出していきます。



自分以外の人から、アドバイスを受けることも大事です。転職活動中は、ある程度の費用も必要です。何か必要になった時や、移動料金などに困らないよう、予算は確保しておきましょう。


転職活動時の注意点とは?

もしも、今の仕事をしながら転職活動をする場合は、心がけたいことが色々とあります。



転職をするのであれば、経済的な面からも在職中に転職先を決めて、退職届を出すというのが理想的です。



現在の仕事と並行して転職活動をすると、面接日の都合がつかないことがあります。働きながら転職活動をしている場合、面接日に指定された日時に行くことができなければ採用の見込みはありませんので、仕事側の調節が必須です。



有給があれば消費すればいいだけですが、仕事の都合上、そううまくは話が進まないという人もいます。



もしも、仕事をしながら転職活動をしたいという人は、職場の人には極力仕事探しをしているという話はしないようにしましょう。



たとえ気心の知れた相手でも、会社の人には言うべきではありません。気づくと情報が知れ渡っていることがあります。



直属の上司に転職活動をしている情報が入ると、仕事の量を増やされたり、引き止められたりすることも考えられまので要注意です。



人づきあいにも関わりが出てきますので、万が一転職を中断した時にいづらくなってしまいます。転職先が決まったら、あとは退職日と、新しい会社に行く日を決定します。



退職願を出したからといって、すぐに退職できるとは限りませんので、気をつけたいものです。引き継ぎの手間を考えると、2週間では足りないこともあります。



1カ月前には退職届が出せるような日程を組むことが転職活動では重要です。

転職を希望する人たちが就職活動で考えておくべきこと

食べていくためには、何らかの形で仕事をしてお金を得る必要があります。



働く時には、自分のスキルを活用できるものがいいという人は多いようです。



世の中には、たくさんの会社が存在し、いろいろな仕事があります。



転職を目指して就職活動を行う時には、どんな仕事をしたいかを明らかにするところからスタートする必要があります。



給与や、仕事の中身について自分の希望を明確にした上で、求人サイトや、求人情報誌を見て、希望に近い内容の求人がないかを調べるようにします。



仕事を選ぶ場合には、給料や勤務時間も大事ですが、保険や休日日数についても確認することが、転職活動では重要になります。



希望どおりの内容で求人が見つかることはまずありませんが、それでも、ある程度は希望を決めておくことが大事です。



時間をかけてでも、求人の内容を吟味するという方法もありますが、時には条件を再度見直すことも重要になってきます。



仕事に対する条件に近い要求をかなえられる場所というのはあるものです。



転職活動をして仕事を探したいという人は、ハローワークに足を運んだり、ネットで閲覧できる求人サイトを利用して、求人情報をチェックすることができます。



待遇や、働き方などで求人内容を抽出したいという場合は、検索システムを使って、自分の必要としている求人情報だけをピックアップします。



早い段階で次の就職先が決まれば、お祝い金が出るといったようなシステムがあるところも存在しています。



就職サイトを転職に活用する人は、ますます増加しています。これからも就職サイトは規模を拡大していくことでしょう。


転職活動を成功させる自己分析と柔軟な思考

転職活動で自己分析を始める 

 

 

ここでは転職活動をまさに始めるというタイミングでどんなことを考えておくべきかについて書いてみます。

転職活動では改めてなりたい職業について考えてみる

転職活動をスタートする際に、まず自分がどのような仕事につきたいかを改めて明確にすることも大事です。

 

世の中にある400以上もの仕事から、どの仕事をしたいと自分が思えるかは、そう簡単ではありません。

 

消去法や、条件の抽出によって、数ある仕事の中から、自分の仕事は何が一番いいのかを、見つけ出すことが大事になります。

 

今は便利な世の中なので、様々な職業の特色をまとめた書物も出ていて参考にすることができます。


仕事をする目的のひとつは収入を得るためなので、賃金額から職業を選んでみるのもひとつの方法です。

 

専門知識や技術が必要な専門職業人になることで、高い給料で仕事ができるようになります。

 

もしも、もう専門的な事柄は頭にしっかり入っているのであれば、その専門性を活かして仕事を探すといいでしょう。


かつてないリストラがあったり、名の知れた企業が倒産する話もよく耳にします。

 

安定した収入や、福利厚生を優先して、公務員を希望する人も少なくありません。

 

具体的に何の職業人になるかは、情報を十分に集めて、採用試験についても知る必要がありますので、準備をすることです。

 

給料だけではなく、自分がやってみたい仕事から職業を選択するというのも一つの方法です。

 

海を越えて行ったり来たりする職業や、専門的な技術を要するものづくりの職業など、仕事は様々なものがあります。

 

仕事探しは、人生を左右する重要なテーマです。

 

どんな職業があるか、興味があるものを調べてから、これはというものを選択しましょう。

 

転職活動に必要な自己分析で自分に適した仕事を見つける

転職活動を行う時には、自己分析をしっかり行っておくことで、自分に合う仕事を探す手かがりができます。

 

自己分析のやり方は色々なものがありますが、転職活動をする時に自分に合う仕事を探すやり方があります。

 

文章書きや、音楽作成などの創造性が必要となる仕事につく人は、自己分析ではそれらの仕事への適性があることが多いようです。

 

芸術的の対極にあるのが慣習的で、この傾向のある人は、やることが決まっている仕事が適しています。

 

事務的な作業や、データ入力の仕事をする人は、慣習性が高い傾向があります。

 

グループや組織などが力を合わせて一つの作業をする場合は、企業的な作業に適性かある人がいることが求められます。

 

転職活動を行う時には、全く畑違いの業種を目指すべきか、これまで培ってきた経験を活かすべきか、迷うことが少なくありません。

 

自己分析を行うことで、どんな仕事が自分の適性に合うかを知ることができますので、選択肢を明確にできます。

 

自己分析を行って、気づかなかった自分の側面に対する理解を深めることが、転職活動の足がかりになることがあります。

 

具体的な診断方法ですが、まずネット上で自己分析と検索すれば、いくつか診断出来るサイトが出てきます。

 

サイトでできる自己分析では、簡単な質問に答えることで、診断結果を確認できます。

 

自分自身を客観的に判断するための情報源にするためにも、自己分析を行ってよりよい転職活動につなげていきましょう。

 

自分に合った仕事の見つけ方

自分に合った仕事を見つけるためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

この機会に自分に関する理解を深めるだけでなく、仕事に関する情報を広く集めることで、自分に合う仕事が何かわかりことがあります。

 

その仕事を知らなかったばかりに、適性があることに気づけないこともあります。

 

自分自身を取り巻く環境や、周囲の要望などでも、働く場所や給料については方向性が出てきます。家族や友人など身近な人ところにこそ世の中を知るチャンスが実はたくさんあります。

 

視野が広がって思わぬところで選択肢が増えたりするものです。

 

潜在的に自分が持っていたポテンシャルが、知らなかった仕事について知ることで、活きることもあるものです。

 

自分に合った仕事を見つけたいと思ったら、職業、職場、働き方を改めて考えてみるのもおすすめです。

 

働き方には正社員だけではなく、派遣、個人事業主などさまざまなものがあります。

 

この仕事でなければ働けないと思い込むのではなくて、柔軟にものを考えることで突破口が見えることがあります。

 

特段何をしたいというわけではないまま働いているという人は、その仕事にエネルギーを注ぎ込むことでわかることもあります。頑張るすることで自分らしさが見えてこともあります。

 

仕事の食わず嫌いを無くすことも自分の仕事を見つけるためには重要です。

 

自分には荷が重いと思えた仕事でも、思いがけず自分に適性があることに気づけることもあります。

 

自分に合った仕事を見つけるためには思い切って自分の視野を広げることが大事なのではないでしょうか。

転職活動時の情報収集のポイントについて

スマホで情報収集

 

転職活動は情報戦、ということで、情報戦をどう戦い抜くか、考えておくべきポイントについて書いてみます。

 

転職の鍵は情報収集

転職活動を制覇するためには、いかにいい情報をキャッチし、上手に利用し、チャンスにつなげるかが重要になります。

 

転職活動をやり遂げるためには、自分に益になる情報を探し出せるか否かです。そして、入手した情報を一つ一つ吟味にして、どの情報が自分に必要な情報なのかを見抜く目も必要です。

 

転職を成功させるためには、どの情報を活かし、どの情報を捨てるかが、鍵を握っているのです。

 

パソコンや、スマートフォンを持つ人が増えていることが、欲しい情報が手軽に集められるようになっています。

 

かつては、情報収集をするだけでも一苦労でしたが、最近では、ちょっとした労力で大量の情報を集められます。


必要な情報を探し出す時に、どういうことがいいのか知ることが、転職をしたいという時には必要になります。

 

なりたい仕事のビジョンがある人は、その仕事の周辺情報を集めることで、知識を深めていきましょう。

 

少し広めに情報を集めて、内容について深く知ることができたなら、希望の内容を明確にしていくことです。自分が本当にしたいことはどういったことなのかを突き詰めていくと、別の業種に興味がわくこともあります。

 

何となく、興味の方向性とずれているような気がして避けていた事柄でも、詳しく調べていくうちに、この仕事をしてみたいと深く思うようになる場合もあります。


広く情報を集めることで、自分にとって興味があることを探りながら、転職を成功させるための情報を見出していくことが重要になります。

 

転職する時にはネットを最大限活用せよ!

現在転職を考えている人、もしくは今後の為に仕事に関する情報を収集するにはどのようにすれば良いのでしょうか。インターネットで検索をすることで、転職活動に使える情報を見つけるという人がふえています。

 

インターネット環境が多くの人に普及したことにより、どんな情報が欲しいかさえわかっていればネットは非常に役立つものになりました。スマートフォンや、パソコンなど、ネットにアクセスできる環境にあれば、転職活動に必要な情報や、求人情報が探しやすくなっています。


同様の境遇にある人や、既に転職を成功させた人など、人と人との接点をつくる機能もネットにはありますので、そういった意味でも転職に役立ちます。

 

転職活動に取り組んでいる人にっては、転職情報サイトから得られる情報も、役立つものがたくさんあります。今の会社を退職する時期や各種保険の手続きなどについての知識など、働いている職場で聞きずらい事でもネットを使えば簡単に解決できます。

 

転職活動をスムーズに進めるためには、転職時に必要になる情報をいろいろ得ておくことが大事になります。

 

求人情報や新聞広告など紙媒体の求人情報を利用していた人でも、積極的にインターネットを使うことをおすすめします。ただし、インターネットで情報集めをする場合、正しい情報かどうか、最新情報かどうかは確認したいところです。

 

インターネットで情報に触れる時は、常にその情報が正しいものかどうかを疑ってかかる必要があります。ネットの情報は質も内容も様々で、正しい情報や役立つ情報が得られる反面、誤解や悪意に基づいた情報が混在していることもあります。

 

求人サイトや転職フェアなども使おう

どんな情報媒体や、就職支援サービスを利用して、求人情報を得るかは、転職活動では大事なことです。

求人情報を効率的に収集するのに役立つのがインターネットの求人サイトです。

働きながら転職活動を進めている人にとっては、常に閲覧できるネットの求人サイトは重宝します。気に入った求人を見つけたら、サイトからの応募も対応しています。


人材紹介会社を利用して転職活動をするという人もいます。人材紹介会社のいいところは非公開の求人情報からのマッチングもしてもらえるところです。

転職活動支援のプロから、専門的な意見をもらえるという利点もあります。無料で利用できますので、積極的に使っていくといいのではないでしょうか。


転職フェアは、一つの場所に求人を出した企業が集まるイベントです。各ブースを回って、企業の採用担当者と直接言葉を交わしたり、質問をすることができます。転職活動中は新聞の求人広告もチェックしておきましょう。

とくにUターン・Iターン転職を希望している人は地方紙にも目を通すことが大切です。転職活動中は、転職情報誌をチェックするのもいい方法です。

地域別、業種、職種などで分類されていますので、興味のあるところだけを確認できます。


同一業種の中で条件のいいものを探すことも、求人情報視ならしやすいようです。ハローワークは、転職活動中の強い味方です。

仕事をしながら転職をしたいという人でも、ハローワークを使うことが可能です。様々なツールを活用することで、転職活動を効率的に進めていきたいものです。

 

求人を見てのニーズ把握も大切

転職活動のスタートは求人を見てニーズを把握することからはじめるというのもコツの一つです。

 

この先、転職活動に取り組みたいという方は、理解しておくべき事柄があります。

 

転職活動を開始する事情は個人差があるでしょうが、何から手をつければいいかには王道があります。


まずは、どういった仕事があるかを把握した上で、どういった会社であれば自分の力を活かせるかという事を考えていく必要があります。

 

企業が採用したいと考えている人物像や、持っていると有利な資格、経験はどういうものか、どの業種の求人倍率が高いかなどを調べます。

 

最初から、採用されたい業種が確定されているなら迷うことはありませんが、選択肢があるなら、就職市場の現状を確認することが大事です。

 

視野を広く持って仕事探しをしていると、存在すら知らなかった新しい職種や企業を見つける可能性もあります。

 

自分の持っている技術や職務経験が、思いもかけない業種で生かされることがわかり、就職先がスムーズに決まる場合もあるようです。

 

現時点での転職活動はどんな条件で行われているのかを確認することで、どんな転職活動をすればいいかがわかります。

 

転職活動のスタート段階では、できるだけ多くの求人情報に目を通しておきたいところです。Indeedなどはかなり使えるでしょう。

 

インターネットの求人サイトだけでなく、新聞の求人広告や、ハローワークの求人欄にも、最新の求人は載っています。

 

納得のいく転職活動をするために、様々な求人情報に目を通して、どんな就職活動をするかを見定めましょう。

 

情報収集にあたって注意すべき点

自分に合う転職先を見つけたい場合、様々な情報の集め方があります。業界情報や、その職種について知識を必要としている時は、正しい情報を見つけ出すことが重要です。


情報収集をスムーズに行えるかどうかは、希望の職種につけるかどうかを左右します。


情報を集める時には、全ての情報が正しく客観的かというとそうではなく、中には主観に基づいた一面的な情報も含まれていることを覚えておきましょう。


特に、インターネットが普及し、様々な転職に関する情報が発信されるるようになっています。実名は伏せて投稿された情報や、有名人が発信する情報、業界の公式情報まで、いろいろな情報があります。


固有名詞は伏せながらも、きょうはどんな会社に面接に行ったかや、面接先でどんなことを言われたかなどをブログに書く人もいます。


ブログのような、個人が書いている情報源は、その人の見方で固定されているものが多いですので、頭から信じることはできません。

 

中には、相手に文句をつけたり、攻撃的な言動をしたいだけで、口コミサイトや、レビューサイトなどに自分の体験談を投稿しているような人もいます。

 

共感しやすい文章を目にすると、同じ立場にいる自分という価値観になってしまって、公平な判断ができなくなったりします。

 

口コミサイトに投稿されている情報は、冷静になって見極める能力、慎重な判断をするための知識も必要になります。信頼性のある情報かを自分の頭で判断することが、インターネットから情報を集める時には欠かせません。

 

ブラック企業対策もしておきたい

仕事を探している時、この企業、本当に大丈夫かのかな等、実際に行った訳では無いので、そんな風に思う方もいると思います。

 

インターネットで情報を探して、下調べをしておくというやり方もあります。

 

ネットで、求人やアルバイトという言葉で検索すると、沢山の求人情報サイトが出てきます。

 

そこそこ知名度がある企業なら、名前くらいは知っているということもありますが、名前も知らないような企業もたくさんあります。

 

業務内容が明確に書かれていないのに、条件はいいような、疑い深い求人情報も掲載されています。

 

求人情報サイトに掲載されているから、すべての会社が大丈夫だということは決してないことを肝に銘じておきましょう。

 

仕事の情報量が多く、規模の大きな求人情報サイトであっても、ブラック企業による求人情報が紛れているケースもあります。

 

もしも、ブラック企業の求人ではないか気になっているならば、口コミ情報を調べてみるといいかもしれません。

 

企業名で具体的に検索してみると、企業の口コミ情報が掲載されているサイト等が出てくるので、企業を選択する際には参考になります。

 

会社に入ってから、ブラック企業に入社してしまったと気づいたとしても、退職するまでには多大な労力を費やします。

 

一つの会社に長く勤めていられなかったという実績は、次の就職活動を難しくすることがありますので、あらかじめネット検索をしてみることが重要です。

求人情報の効率的な見つけ方

求人情報を扱っているものには求人情報サイト求人情報誌ハローワークのほか人材派遣会社などがあります。

色々な方法で求人情報を探すことができますが、手始めに、自分にとって探しやすそうな手段を用いて、求人情報をチェックしましょう。

インターネットの強みは、スマホやタブレットなどで求人情報を見ることができることや、ネットがあればどこからでも見られるところです。

人材あっせん会社のいいところは、自分では探しきれない膨大な求人の中から、コーディネーターが適正の合う求人を勧めてくれるところです。

求人情報雑誌は定期的に刊行されて、その都度最新情報をチェックすることができますので、的確に就職活動を行うことが可能になります。

ハローワークには地元の会社の求人情報がたくさん掲載されているので、地域に特化した就職活動をする場合には役に立ちます。

求人情報を探すだけでなく、就職セミナーや模擬面接会や履歴書や自己PR分の添削などもしてくれるので利用しない手はありません。

地元の中小企業の中には、ハローワークに求人は出しているけれども、それ以外の求人サイトや人材紹介会社への登録はしていないことがあります。

家が近くて、地元出身者を雇用したいと思って、地元のハローワークにだけ求人を出しているという中小企業もあるようです。

広く名の知れた求人サイトや、求人情報誌を利用して求人を載せるのは、知名度の高い、大きな企業によくあるようです。

人材派遣会社の中には、特定の業種に強いところもあります。

IT、医療・看護、外資系など、最初からある程度情報を絞ることができるわけです。

求人情報を取り扱う場所によって特徴があり、自分の希望する職種や地域によって使い分けることで、より効率よく就職活動が出来るようになります。

 

●おすすめのサービス

転職会議

企業の口コミ・評判などの確認に有用な転職サイト。会員登録すると48時間、転職会議内の企業口コミが見放題になる。また、在籍した企業の口コミを投稿すると、最大90日間企業の口コミが見放題になる。複数の大手転職サービスの情報がまとめられているので、1つ登録しておくと、時間短縮につながると思われる。地域限定の設定なども使える。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

 

パソナキャリア

丁寧な転職コンサルティングで、中高年の人気が高いエージェント。

履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施してくれる。

IT・通信・インターネット、メーカー(機械・電気・電子)、医療・福祉医療・メディカル、営業、等々幅広く求人を扱っている。定番の1社で、何社か依頼する1社に入れて損は無いと思われます。利用は無料。

正社員の転職なら、パソナキャリアの転職支援サービス

 

東京しごとセンター

30歳〜54歳の求職サイト。都の委託事業の為、全て無料。就活ノウハウやキャリアデザイン講座などを毎日開催。都内での仕事を探している他県の方も利用可能。オンライン就業支援サービスも開始。

【正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター】

 

○オンラインで転職のプロに客観的な意見をもらう/


現役エージェントが転職・キャリアのご相談にのります エージェント歴10年の経験を活かし本音でお話しします!

 

 

次はこちらもどうぞ

 

Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!