40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

転職活動時の情報収集のポイントについて

スマホで情報収集

 

転職活動は情報戦、ということで、情報戦をどう戦い抜くか、考えておくべきポイントについて書いてみます。

 

 

転職の鍵は情報収集

転職活動を制覇するためには、いかにいい情報をキャッチし、上手に利用し、チャンスにつなげるかが重要になります。

 

転職活動をやり遂げるためには、自分に益になる情報を探し出せるか否かです。そして、入手した情報を一つ一つ吟味にして、どの情報が自分に必要な情報なのかを見抜く目も必要です。

 

転職を成功させるためには、どの情報を活かし、どの情報を捨てるかが、鍵を握っているのです。

 

パソコンや、スマートフォンを持つ人が増えていることが、欲しい情報が手軽に集められるようになっています。

 

かつては、情報収集をするだけでも一苦労でしたが、最近では、ちょっとした労力で大量の情報を集められます。


必要な情報を探し出す時に、どういうことがいいのか知ることが、転職をしたいという時には必要になります。

 

なりたい仕事のビジョンがある人は、その仕事の周辺情報を集めることで、知識を深めていきましょう。

 

少し広めに情報を集めて、内容について深く知ることができたなら、希望の内容を明確にしていくことです。自分が本当にしたいことはどういったことなのかを突き詰めていくと、別の業種に興味がわくこともあります。

 

何となく、興味の方向性とずれているような気がして避けていた事柄でも、詳しく調べていくうちに、この仕事をしてみたいと深く思うようになる場合もあります。


広く情報を集めることで、自分にとって興味があることを探りながら、転職を成功させるための情報を見出していくことが重要になります。

  

転職する時にはネットを最大限活用せよ!

現在転職を考えている人、もしくは今後の為に仕事に関する情報を収集するにはどのようにすれば良いのでしょうか。インターネットで検索をすることで、転職活動に使える情報を見つけるという人がふえています。

 

インターネット環境が多くの人に普及したことにより、どんな情報が欲しいかさえわかっていればネットは非常に役立つものになりました。スマートフォンや、パソコンなど、ネットにアクセスできる環境にあれば、転職活動に必要な情報や、求人情報が探しやすくなっています。


同様の境遇にある人や、既に転職を成功させた人など、人と人との接点をつくる機能もネットにはありますので、そういった意味でも転職に役立ちます。

 

転職活動に取り組んでいる人にっては、転職情報サイトから得られる情報も、役立つものがたくさんあります。今の会社を退職する時期や各種保険の手続きなどについての知識など、働いている職場で聞きずらい事でもネットを使えば簡単に解決できます。

 

転職活動をスムーズに進めるためには、転職時に必要になる情報をいろいろ得ておくことが大事になります。

 

求人情報や新聞広告など紙媒体の求人情報を利用していた人でも、積極的にインターネットを使うことをおすすめします。ただし、インターネットで情報集めをする場合、正しい情報かどうか、最新情報かどうかは確認したいところです。

 

インターネットで情報に触れる時は、常にその情報が正しいものかどうかを疑ってかかる必要があります。ネットの情報は質も内容も様々で、正しい情報や役立つ情報が得られる反面、誤解や悪意に基づいた情報が混在していることもあります。

 

 

求人サイトや転職フェアなども使おう

どんな情報媒体や、就職支援サービスを利用して、求人情報を得るかは、転職活動では大事なことです。

求人情報を効率的に収集するのに役立つのがインターネットの求人サイトです。

働きながら転職活動を進めている人にとっては、常に閲覧できるネットの求人サイトは重宝します。気に入った求人を見つけたら、サイトからの応募も対応しています。


人材紹介会社を利用して転職活動をするという人もいます。人材紹介会社のいいところは非公開の求人情報からのマッチングもしてもらえるところです。

転職活動支援のプロから、専門的な意見をもらえるという利点もあります。無料で利用できますので、積極的に使っていくといいのではないでしょうか。


転職フェアは、一つの場所に求人を出した企業が集まるイベントです。各ブースを回って、企業の採用担当者と直接言葉を交わしたり、質問をすることができます。転職活動中は新聞の求人広告もチェックしておきましょう。

とくにUターン・Iターン転職を希望している人は地方紙にも目を通すことが大切です。転職活動中は、転職情報誌をチェックするのもいい方法です。

地域別、業種、職種などで分類されていますので、興味のあるところだけを確認できます。


同一業種の中で条件のいいものを探すことも、求人情報視ならしやすいようです。ハローワークは、転職活動中の強い味方です。

仕事をしながら転職をしたいという人でも、ハローワークを使うことが可能です。様々なツールを活用することで、転職活動を効率的に進めていきたいものです。


情報収集にあたって注意すべき点

自分に合う転職先を見つけたい場合、様々な情報の集め方があります。業界情報や、その職種について知識を必要としている時は、正しい情報を見つけ出すことが重要です。


情報収集をスムーズに行えるかどうかは、希望の職種につけるかどうかを左右します。


情報を集める時には、全ての情報が正しく客観的かというとそうではなく、中には主観に基づいた一面的な情報も含まれていることを覚えておきましょう。


特に、インターネットが普及し、様々な転職に関する情報が発信されるるようになっています。実名は伏せて投稿された情報や、有名人が発信する情報、業界の公式情報まで、いろいろな情報があります。


固有名詞は伏せながらも、きょうはどんな会社に面接に行ったかや、面接先でどんなことを言われたかなどをブログに書く人もいます。


ブログのような、個人が書いている情報源は、その人の見方で固定されているものが多いですので、頭から信じることはできません。

 

中には、相手に文句をつけたり、攻撃的な言動をしたいだけで、口コミサイトや、レビューサイトなどに自分の体験談を投稿しているような人もいます。

 

共感しやすい文章を目にすると、同じ立場にいる自分という価値観になってしまって、公平な判断ができなくなったりします。

 

口コミサイトに投稿されている情報は、冷静になって見極める能力、慎重な判断をするための知識も必要になります。信頼性のある情報かを自分の頭で判断することが、インターネットから情報を集める時には欠かせません。

 

ブラック企業対策もしておきたい

仕事を探している時、この企業、本当に大丈夫かのかな等、実際に行った訳では無いので、そんな風に思う方もいると思います。

 

インターネットで情報を探して、下調べをしておくというやり方もあります。

 

ネットで、求人やアルバイトという言葉で検索すると、沢山の求人情報サイトが出てきます。

 

そこそこ知名度がある企業なら、名前くらいは知っているということもありますが、名前も知らないような企業もたくさんあります。

 

業務内容が明確に書かれていないのに、条件はいいような、疑い深い求人情報も掲載されています。

 

求人情報サイトに掲載されているから、すべての会社が大丈夫だということは決してないことを肝に銘じておきましょう。

 

仕事の情報量が多く、規模の大きな求人情報サイトであっても、ブラック企業による求人情報が紛れているケースもあります。

 

もしも、ブラック企業の求人ではないか気になっているならば、口コミ情報を調べてみるといいかもしれません。

 

企業名で具体的に検索してみると、企業の口コミ情報が掲載されているサイト等が出てくるので、企業を選択する際には参考になります。

 

会社に入ってから、ブラック企業に入社してしまったと気づいたとしても、退職するまでには多大な労力を費やします。

 

一つの会社に長く勤めていられなかったという実績は、次の就職活動を難しくすることがありますので、あらかじめネット検索をしてみることが重要です。 

 

次はこちらもどうぞ 

 

Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!