転職活動時の情報収集ではこれに注意



自分に合う転職先を見つけたい場合、様々な情報の集め方があります。業界情報や、その職種について知識を必要としている時は、正しい情報を見つけ出すことが重要です。



新卒時の就職活動でも、転職活動でも、情報収集をスムーズに行えるかどうかは、希望の職種につけるかどうかを左右します。



情報を集める時には、全ての情報が正しく客観的かというとそうではなく、中には主観に基づいた一面的な情報も含まれていることを覚えておきましょう。



特に、インターネットが普及し、様々な転職に関する情報が発信されるるようになっています。実名は伏せて投稿された情報や、有名人が発信する情報、業界の公式情報まで、いろいろな情報があります。



固有名詞は伏せながらも、きょうはどんな会社に面接に行ったかや、面接先でどんなことを言われたかなどをブログに書く人もいます。



ブログのような、個人が書いている情報源は、その人の見方で固定されているものが多いですので、頭から信じることはできません。中には、相手に文句をつけたり、攻撃的な言動をしたいだけで、口コミサイトや、レビューサイトなどに自分の体験談を投稿しているような人もいます。共感しやすい文章を目にすると、同じ立場にいる自分という価値観になってしまって、公平な判断ができなくなったりします。



口コミサイトに投稿されている情報は、冷静になって見極める能力、慎重な判断をするための知識も必要になります。信頼性のある情報かを自分の頭で判断することが、インターネットから情報を集める時には欠かせません。