志望動機は中途採用時にとても重要なポイント

新卒採用と中途採用の違いは、中途採用者の場合、過去の実績や資格を求めて採用するということにあります。



経験者であるからこそ、採用する側の会社としては、その人の出来ることに対して強い関心が向けられていることが多いようです。志望動機を書く時には、自分を採用したらどんなことに貢献できるかについて書くと、強い印象を与えることが出来ます。



会社が求めている点を志望動機の中に記述することで、採用担当者の目に留まりやすくなります。志望動機に記述されている貢献できる項目が理に適っていれば、会社の即戦力として期待することが可能です。



その会社が行っている仕事内容などをきちんと把握したうえで志望動機を書いているのであれば、さらに評価が高まります。



転職を希望している人に対しては、ほとんどの企業が、前の会社をやめた事情を問います。退職理由については、前の会社や職場の批判的な内容であっては、評価を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。次の就職先に向けてのスキルアップといった前向きな理由であることが理想的な内容です。



面接の際に退職理由を聞く背景には、退職理由と志望動機には密接な関わりがある点も理解しておく必要があります。退職した理由がスキルアップがしたいからだとすると、志望動機の一つにはそのスキルアップに関することが書かれていなければなりません。



退職理由すべてを志望動機に関連付ける必要はありませんが、志望動機を考える際には考慮すべき大切な点になります。