40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

転職の潮時を考える

大学を卒業して新卒で入社した会社に長く勤めているという方は多いと思います。日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。



社員を一度雇用したら、定年まで解雇することはしないという終身雇用制度が、多くの日本の会社では設けられています。ただ近年、働き方の多様化によって、終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。



このような時代背景の影響もあり、この先もいま勤めている会社でずっと働いていくべきなのかどうかと転職について考える人も増えてきています。



日本国内で転職をする場合は、30歳前後が狙い目です。実際に転職をする人は30歳前後が多く、うまくいきやすいといいます。なぜ転職するのかというと、それまでの経験を活かしてよりキャリアアップをするためには、30歳前後がちょうど良い時期だからです。



今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。それだけの期間、同じ仕事をしていれば、ある程度の経験を積み多くのスキルは身につけることが出来ます。そのため、より高い待遇の会社や、さらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。



また、これ以上年齢を重ねてしまうと転職がより難しいものになってしまうという点も、転職を考えるようになるきっかけの1つといえるでしょう。30代までの転職と、それ以降の退職は難易度が全くちがいますので、転職が可能なうちに、行きたい会社への転職を挑戦してみるといいでしょう