転職は何をきっかけにして考えるようになるのか

終身雇用という考え方は時代と共に少なくなり、転職することに対する抵抗感はだんだんと薄れてきています。



転職をせずに定年まで勤め上げることが善という考え方から、自分の能力を活かすための転職という価値観が広まりつつあります。



結婚をして家族が増えたり、自分自身の今後のことを見つめ直す時に実行するかどうかは別にして、転職を考える人はいると思います。



会社で働いていると、県外や国外への転勤を打診されたり、想定外の働き方を求められたりします。



独身の頃は、勤務地がどこでも構わないと考えていた人だとしても、結婚し子をもうけ、単身赴任を求められると、また条件は異なってくるものです。



結婚をして子どもが産まれたことで、自分の子どもを転勤族の自分に付き合わせて良いものかと考えるかも知れません。



子供がいる人が転勤する場合は、転勤する毎に子どもも一緒に転校をするか、自身のみが単身赴任をするかの選択をしなければなりません。



転職をして、もう転勤のない働き方がしたいという価値観にシフトするような人もいます。何を選ぶかは家族で相談することになりますが、家族が増えることは、転職を考えるきっかけの1つになります。



体に問題が起きて、これまでどおりの働き方ができなくなった場合や、近くに住んでいる親戚で手伝いがいる人が出たりと、生活環境が変わるったことが転職の理由になる人もいます。



人によっては、転職をしたために、休日が減ったり、給与が減ったりと、何かしら妥協が必要になる場合もあります。



その時には全てを手に入れようとせず、何を1番大切にするかなど、優先順位を付けることも、転職を考える時には大切なことです。