40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

採用面接でよく聞かれるのは転職理由と志望動機

採用面接

 

 

採用面接を突破しなければ転職先を決めることはまず無理ですが、それが大変だと考える人がいます。

 

現在の仕事をやめて、新しい仕事に挑戦することになりますので、転職を決める時は思いきった決断をすることになります。

これまでの職場環境を後にして、新しい会社に転職することになれば、決めること自体に勇気がいります。

 

転職活動の面接では、どのような事情で転職をすることに決めたのか、なぜ面接先の会社を志望するのかが問われます。相手の納得のいく答えが求められますので、準備を勧めましょう。

 

 

転職をする理由

面接の場では、新しい職場を求める動機は何なのかを、きちんと言えるようにするべきです。

 

多くの場合、転職者を対象として行う面接は、新卒者を相手にする時よりも、深い内容になりがちです。一層のやりがいを求めて仕事を変えたいという人や、自分の適性にあう仕事を求めて転職をするという人もいるようです。

 

給与や、福利厚生などの待遇面でよりよい会社を求めて転職をする人もいます。前向きな理由で転職先を探している人は、自分の能力を生かせる仕事を探して転職をすることになりますので、面接もスムーズに進み、転職活動も成功しやすいようです。

 

自分の能力や、実績を活かせる仕事をしたいと思っているならば、その部分を深ぼって、相手の納得のゆく内容に仕立てる事が必要です。

 

面接先の会社への志望動機

どうしてこの会社に応募をしたのかは、転職活動時の面接で大抵は質問されます。

 

どう答えるべきか、考えておくといいでしょう。

 

なぜ転職を決めたかは、個々人の事情によってまちまちですから、転職動機についても、人と違っていて当然です。

 

ただし、現実に起きたことをそのまま言って、面接でマイナスに評価されては意味がありません。

 

志望動機に決まった内容はありませんが、避けた方が無難な内容はあるので、事前の準備に参考になります。

 

この会社でなくてもよかったけれど、漠然と応募をしたという言い方をすると、面接の場では低く評価されてしまいます。

 

同じ内容であったとしても、伝え方を考えることによって、面接担当者が受ける印象が随分と変わってくるのです。

 

志望動機について話す時には、なぜこの会社を選んだのかというところを、担当者がポジティブな受け取り方ができるように話しましょう。

 

自分の持つ経験やスキルが役立ちそうな仕事なら、その点を前面に押し出します。

 

応募資格で経験を問われていなければ、未経験でも応募することはできますが、多くの場合は面接で応募した理由は必ず聞かれます。

 

企業によっては、特段理由なく応募した人よりは、関心を持ったきっかけを話せる人が信用されやすいようです。

 

なぜその会社を選んだのか、勉強したい分野であることを強調すればさらに良い志望動機になります。

 

まとめ

面接をクリアする秘訣は、自分の能力を自分で評価できる環境にいることです。面接がうまくいくように、自己分析や、情報分析などの必要な準備をして、万全の体制で挑めるようにしておきましょう。

 

次はこちらもどうぞ

 

 

Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!