40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

転職の面接はどんな質問をするかが重要

転職活動を成功させるために大事なことは、面接を成功させることです。



あらかじめ面接の準備を整えておくことが、非常に重要です。



面接を成功させるためにしておいたほうがいいことには、どんなことがあるでしょう。まずは、第一印象を良いものにするための身だしなみを整えることです。



第一印象は、面接の相手にいい評価をしてもらうためには、とても大事です。第一印象とは、外見も重要ですが、姿勢や話し方、ドアの開け閉め、姿勢、視線の合わせ方なども大事です。



社会人としてのマナーも重要です。リスクをおかさないことを重視するあまり、差し障りのない回答を面接の場でする人もいますが、それではいい印象は持たれません。



マニュアルどおりの答えをするのではなく、自分の頭で考えた言葉を相手に伝えることが、面接では大事です。



多くの企業では、転職希望者に対して、どうして前の会社をやめて、新しい会社で働こうと考えているのかを聞くところが多いといいます。



今の仕事を退職する理由がネガティブなものだとイメージがマイナスになりがちですので、答え方には気を使う必要があります。



人間関係の悪化や、現在の職場への不満などを、転職の動機として挙げるのは、よくない場合があります。自分自身の実績を生かしたい、新しい分野に挑戦をしたいといった、働くことへの意欲を示せる動機を述べるといいでしょう。



一通りの面接を終えた後に、他に聞きたいことはないかという質問も定番です。自分の考えや、感じ方を伝えるチャンスと捉えて、何かしらを聞くようにしましょう。



働くことになった時をイメージしながら、聞きたいことを聞いておくことで、モチベーションの高さを相手に伝えるなどの行動をとるようにしましょう。