40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

40代の転職について考える

就職活動を40歳になってから行おうとすると、年齢がマイナス要因になります。



若いうちはバリバリと仕事をしていて、立派なキャリアや実績を持っているような人でも、40歳以上での転職は思うようにはいかないものです。



40歳を越えてからの就職活動は、書類を出しても次のステップに進むことができないということが多くなりがちです。20代、30代の気持ちで就職活動をしていると、壁にぶつかってしまうことは言うまでもありません。



公開されている求人の中から、条件に合うものを見つけて応募するという方法は、40代では使えません。履歴書などの書類を送っても、40代の就職活動になると9割が書類選考の段階で振り落とされるともいわれています。100社に応募して、やっと10社に採用面接をしてもらえるという形になるでしょう。せっかく採用面接の場に足を運んだのに、1週間後の結果が不採用であれば、精神的にもきついですし、費やす時間もかなりのものです。働いていない期間があると、面接の場での評価は低くなりやすく、採用されることは困難になります。



どうしても40代になってから仕事を変える必要があるならば、縁故採用を求めての働きかけをしたほうが、成功率が高いといいます。今まで40年という長い間生きてきているのですから、血縁なり、友人なりに、頼ってみることも不可能ではありません。



就職活動に、人同士の関係性を持ち込むことに気兼ねを感じる方もいるようですが、考え方によっては、これも立派な就職活動です。