転職支援サービスとは何か

転職活動をするときに、転職支援サービスを利用する人が増えています。



人材を求める企業と、転職を希望する人とを繋ぐサービスが、転職支援サービス業と呼ばれるものです。



まずは、転職支援サービスのキャリアコンサルタントに、希望の働き方や、条件等を伝えます。キャリアコンサルタントが、希望の条件や、申込み者のスキルや実績に見合った、仕事を紹介してくれるという仕組みになっています。



転職支援サービスに行くことで、公共のハローワークに足を運ばずとも、自分に合う仕事を探し出せる環境が整ってきています。



ハローワークと違うのは、求人情報を提供するだけでなく、専任のキャリアコンサルタントが転職の成功に向けてさまざまなアドバイスをしてくれることです。



求人情報も非公開のものをたくさん持っていますので、求人誌や求人サイトでは見たことのない仕事を紹介してくれる場合もあります。



Iターンや、Uターンといった、遠方の転職をしたいという人にも使いやすいでしょう。転職支援サービスのキャリアコンサルタントは、求人の斡旋をした後も、採用試験の日取り調整や、条件面での交渉、入社日の取り決めなど様々なやり取りをしてくれます。



今の会社で仕事をしながら、並行して転職活動をしている人は、連絡や手続きをするのは手間がかかります。



キャリアコンサルタントの相談料や、求人企業の紹介料は一切かかりません。転職支援サービスの収入は、主に人材募集を出している企業側が支払っているためです。



転職活動を考えている人は、転職支援サービスをうまく活用してみてはいかがでしょうか。