40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

人材採用企業は面接重視の傾向

人材採用をする企業は面接を重視 企業の採用数は増加傾向にあり、就職戦線は徐々に売り手市場になってきています。



仕事を探す側からすれば、色々な求人がでていることから、自分の能力を試すことができる選択肢が広がることは歓迎できます。



求人がふえることは、必ずしもいいことばかりとは言い切れないと言われています。応募してきた人を十分に吟味することなく、採用を決めて頭数を確保しようとする企業もあります。



採用が決まったという人も、自分が価値ある人間だから採用されるのだという誤った価値を持つような人もいます。



そうすると、いざ仕事になったとき、実際のギャップに戸惑うことになります。安易な採用であるのかどうか、きちんと判断した上での採用なのかどうかを判断するための基準として、面接があります。



面接のやり方はいろいろあり、役員面接、グループ面接、個別面接等がありますが、望ましい形としては、ある程度の責任者が出てくることです。



面接では、あらかじめ出してある履歴書に目を通しながら行います。面接の場で、履歴書の内容をただ繰り返させるような会社であれば、考え直すべきかもしれません。



会社側が、本腰を入れて人を採用したいと思っているならば、面接の場で、履歴書をただ追認するだけの質問だけということはありません。



もしも、面接でいい人を見つけ出したいと会社が思っているならば、履歴書を確認するだけの面接をする必要はありません。



履歴書に書ききれないあなたの魅力を自然と引き出してくれる面接を受けたら、その企業は就職後もきっとあなたを大切にしてくれると思います。