40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

転職活動の最終関門円満退職について

円満退職をすることは、転職先を無事決めることができた時に残っている最終関門であるともいえます。



元の会社を円満に退職できれば、大手を振って新しい会社へと身を投じることができるといえるでしょう。



直属の上司に退職の意思を伝える時は、あまり忙しいタイミングにならないようにしましょう。円満退職を目指すのであれば、できるだけ会社業務に差し障らないように注意をしてください。


お金についての話も、退職が決まると同時に進める必要かあります。退職後にすぐ働くつもりでなければ、生活費の準備もいるでしょう。


理解者になってもらうためにも、家族には転職の相談は早めにしておくことが大事です。家族にも協力してもらえる環境を作っておきましょう。


退職することについては安易に口にしないことも円満退職のコツです。円満退職をするには、曖昧な情報が社内に流れることがないようにする必要があります。


退職をすることが決定したら、具体的に何日まで出社するかは、上司と打ち合わせるようにします。退職までにしなければならないことなども含めていい日を決めましょう。


新たな会社に出社をする日をずらさないようにして、退職する日を決めることが大事です。円満退職をするなら、しっかりと仕事は引き継いでおくことです。


当人がいなくなってから評価が左右されることもあります。引き継ぎをきちんと終わらせることができれば、その人の価値は上がります。


退職日の3日前までには引き継ぎが終了するように計画を立て、資料も作成しましょう。

10日前になったら、あいさつ状を関係者に出します。円満退職をするなら、取引先会社に後任者を連れてあいさつにいくことも重要です。

 

会社から借りていた備品を返したり、パソコンのデータをわかりやすく整理することも大事です。退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。



現在の会社を円満に退職するためには、退職日当日まで社員であるという意識を持って丁寧に仕事を続けることも大切です。

 

Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!