40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

50代の転職活動の注意点

年齢が上がるほど、転職は困難になるのは誰もが知っていることで、一般的に言われてることです。

特に50歳からの転職は、定年までの期間も短いので採用する側も慎重になり、転職活動は至難を極めます。

50歳といえば、給料は高くなり、それに対して若い頃に比べると生産性は低下する年齢です。

働き方一つで高収入が得られることも、学生アルバイト程度しか賃金が得られないということにもなります。

50歳になってから転職活動をしても、20歳、30歳の人の転職活動と比べても、格段に採用の見込みが立つ求人数が減っていることがわかるでしょう。

やりたい働き方をするために求人に目を通していても、いいものが見つかる見込みはかなり低く、生半可な覚悟ではできません。

雇用のミスマッチが顕著になる傾向も見られ、50歳になってから転職をするのであれば、とにかく数をこなす必要があります。

数打てば当たるの精神でいかなければ、採用の機会もなかなか得られません。

多少は希望と違っていても、応募するぐらいの気概が必要になります。

多くの企業に対しての応募する数をこなすことではじめて見えてくる事情もあるでしょう。

定年までの期間が短くなると、どうしても正社員としての採用可能性は低くなるので、雇用形態にこだわらずに仕事を探す必要があります。

正社員のこだわって仕事が見つからないよりは、契約社員でもいいので仕事をスタートさせたほうが、よりよい結果になったりもします。

転職の難しさと、年齢との関係を理解することで、50代の転職活動が実現性を帯びてきます。