チャレンジ転職での志望動機の伝え方

どうしてこの会社に応募をしたのかは、転職活動時の面接で大抵は質問されます。

どう答えるべきか、考えておくといいでしょう。

なぜ転職を決めたかは、個々人の事情によってまちまちですから、転職動機についても、人と違っていて当然です。

ただし、現実に起きたことをそのまま言って、面接でマイナスに評価されては意味がありません。

志望動機に決まった内容はありませんが、避けた方が無難な内容はあるので、事前の準備に参考になります。

この会社でなくてもよかったけれど、漠然と応募をしたという言い方をすると、面接の場では低く評価されてしまいます。

同じ内容であったとしても、伝え方を考えることによって、面接担当者が受ける印象が随分と変わってくるのです。

志望動機について話す時には、なぜこの会社を選んだのかというところを、担当者がポジティブな受け取り方ができるように話しましょう。

自分の持つ経験やスキルが役立ちそうな仕事なら、その点を前面に押し出します。

未経験の業種の面接に行ったという場合は、志望動機について何を話すとうまくいくでしょう。

応募資格で経験を問われていなければ、未経験でも応募することはできますが、多くの場合は面接で応募した理由は必ず聞かれます。

企業によっては、特段理由なく応募した人よりは、関心を持ったきっかけを話せる人が信用されやすいようです。

なぜその会社を選んだのか、勉強したい分野であることを強調すればさらに良い志望動機になります。