40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

再就職と失業保険の手当について

職を失ったら、すぐにでも再就職をしたいという人は大勢いるでしょう。

失業期間中の収入を確保するためには、再就職のための求人探しをする前に、失業保険の手当を受給できるように必要な諸手続をとりましょう。

失業すれば自動的に失業保険が受け取れるわけではなく、手続きが色々と必要になります。

失業手当は、もらえる人と、もらえない人とがいますので、自分はもらえる側なのか、今の仕事をやめる前に把握しておく必要があるでしょう。

仕事をやめた時に、再就職に向けて就職活動をしっかり行っていること。

また、退職日より一年前から被保険者期間が半年以上なければいけません。

複数の会社に勤めている場合でも、被保険者の期間を合計する事ができるので失業保険の手当てを受け取ることができます。

再就職まで1年以上が経過している人や、以前の会社をやめた時に失業手当をもらっていたという人は、合計はできないので、調べてみてください。

大抵の人は、働いて得る以外の収入がありませんので、生活費が不足するのではないかと思うものです。

家族を養っていたり、住宅ローンの返済があるという人は、どうしても月々に払わなければならないお金があります。

頑張って転職活動をして、次の仕事につこうと思っても、いい求人がなかったり、先方の反応がよくなかったりと、思うようにいかないこともあります。

収入がないのに支出はあるという状況では、貯金がみるみるうちに少なくなっていって、精神的なストレスも積み上がってきます。

再就職をするまでの間に、少しでも収入になる失業保険の手当てを受給できるように、予め準備をしておくことが大切です。