40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

未経験の求人に転職する場合の注意点とは?

実際に就いたことのない業種だけれど、未経験可の求人を見つけて、転職を試みようと思うような方もいます。

どういった点に注意をして、未経験の職種への応募をするといいでしょう。

なぜ経験のない人でも採用されるかといえば、会社によって考え方は違います。

未経験者でも採用しますという求人を出すことによってたくさんの応募を集め、今すぐにでも人を雇いたいという企業もあります。

職歴を問わない求人は、転職先にしやすいという利点がありますが、そのぶん、仕事は単調で誰でもできるようなものかもしれません。

仕事の内容が簡単すぎて、その分、延々と同じ作業をやり続けるというケースもあるといいます。達成感もなく、やりがいも感じられない作業な場合もあります。

単純作業の繰り返しであり、経験がなくてもすぐできる代わりに、給料も低く残業が長いばかりという場合もあります。採用したいけれども、応募してくる人が滅多にいないこともあります。

会社によっては、経験のない人でいいから採用して、技術的なものは現場で仕事をしながら会得してもらおうともいます。

現場の経験がない人が採用された時は、段階を踏んで技術を積む余裕はまずないと考えるほうがいいかもしれません。

周囲の人達はみんな相応の経験を積んでおり、その中で経験のない自分が仕事をしなければならないという環境を自覚しておくべきです。

未体験のジャンルへの転職は、右も左もわからない苦しい状況の中で働き続けようというモチベーションが欠かせません。