40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

民間企業への就職活動の状況変化について

民間企業への就職活動については、バブル経済の前後を境に変わったことがたくさんあります。

各高校は、卒業後の就職を希望する学生に対して、ハローワークから仕事の紹介を受けることが、法律で義務づけられています。

バブル崩壊後に目に見えて変わったことと言えば、就職先の雪崩現象によるものです。

かつては、高校の工業系の学科を卒業した生徒はその技能を活かせる職業に就き、商業科を出た生徒は事務職を中心に就いていました。

しかし、バブル経済が崩壊したことで企業からの求人数が大幅にダウンし、生徒の人数に比して就職できる人数が減ってしまいました。

それまでは中卒の生徒が就いていた給料が安価で、単純作業を行うような職業にも高校生が応募するようになりました。

高校生が就いていた仕事には、専門学校や大学の卒業生も応募することが増えました。

そのせいで、中学を卒業して働きたいという人が、仕事ができる場所がなくなっています。

この雪崩現象は、大卒者への求人の減少から起こっており、つまりは求人の全体数が下がってしまったことが原因です。

バブル崩壊後には、就職氷河期と呼ばれる就職活動が極めて困難な時代がありました。

最近は、求人数も回復してきており、学生同士の競争率もあまり高くなくなっているため、就職先を工夫すことが可能だといいます。

しかしながら人気の企業は相変わらず競争は激しいので、しっかり計画を立てて、就職活動を進めていく必要があります。