エネルギーを奪う仕事、もらえる仕事 藤原和博 感想

リクルート出身で、今は中学校の校長をやっていることでも有名な藤原和博さんのエネルギーを奪う仕事、もらえる仕事を読んでおります。




エネルギーを奪う仕事、もらえる仕事

藤原さんはリクルート時代、普通のサラリーマンを経て、”フェロー”という職務の第一号になります。



このフェローというのは、いわゆる事業部長等の”管理”職とは違い、接待・査定・会議(筆者の言うところのSSK)を免除されたインディペンデント・プロフェッョナル・パートナー、独立上級パートナー職とでもいうのでしょうか、そういったものです。



要は、会社の本流・出世街道からは外れる代わりに、SSKに煩わされること無く、自分の得意とする分野で自由な裁量を持って仕事をし、その生み出す価値に応じて高い給料をもらう、といった職種のことです。



この本は、藤原さんが最初リクルートのサラリーマンとしてバリバリ働きながら、いかにフェローという職種を会社に認めさせ、その第一号になったのか、リクルートという会社の内情を含めて面白く書いてあります。



(営業をしている私からすると、筆者の営業職時代のエピソードなども非常に参考になります。



また、”リクルート論”を書いた本としても価値があると思います。特に”RING”という新規事業提案制度の部分。今まさに読んでいますが、非常にダイナミックな制度ですねー。)。



現在まで読んだ部分を総合すると、藤原さんが、典型的な会社での上昇カーブに染まるような状態に違和感があったこと(本当に自分のやりたいことからはそれたように感じたこと。)、そして、フェローという立場についたこと、そういった経験を通じて、”働き方”についての様々な考察を加えている、という感じです。



近頃、日本のホワイトカラーの生産性の低さであったり、ワークライフバランスみたいなことが盛んに言われていますが、自分の働き方を客観的に見直すために非常に参考になりそうです。



この頃、ちょっと仕事を思いっきりできてないなーと考えている私にとっても、みずからの仕事を省みるのに効きそうです。