転職活動と面接

転職面接


転職活動で特に力を入れるのが面接ではないでしょうか。

職務経歴書や自己PRなどももちろん重要なのですが、これによって面接試験を行う人を選ぶために使われるものです。

よく転職活動をしているときにあるのが、書類選考で面接を受ける前に選考から漏れてしまうことです。

書類選考で落ちるという事は、単純にその企業の基準に自分が当てはまらなかったということになります。

その書類選考で落ちてしまった企業と自分との間に縁がなかったと考えるのがおすすめです。

だめだった理由をあれこれ考えても仕方がない事なので、あまり気にせずに次のステップに進むことが大切です。


書類選考や筆記試験などを通過して面接に至った場合にはチャンスがあります。

面接がうまくいけば、筆記試験の成績がいまいちだったとしても、挽回することができることもあるのです。

いくつかの転職活動でのステップにおいて企業側がいちばん大事に考えているのが面接で、採用基準としてかなりの部分を占めるといえます。

面接試験というのは、その企業にとって必要な人材かどうかとか、自社の社風に合うかどうかを判断します。

礼儀や常識などが社会人としてあるかどうかをチェックしたり、仕事上どうしても不可欠なコミュニケーション能力の有無について見るために行われれるのが面接です。

転職活動をしている人にとって面接は重要なことですが、人材を募集している企業にとっても選考の中で最も大切なゲートといってよいのです。