40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

転職活動を成功させる自己分析と柔軟な思考

転職活動で自己分析を始める 

 

 

ここでは転職活動をまさに始めるというタイミングでどんなことを考えておくべきかについて書いてみます。

 

転職活動では改めてなりたい職業について考えてみる

転職活動をスタートする際に、まず自分がどのような仕事につきたいかを改めて明確にすることも大事です。

 

世の中にある400以上もの仕事から、どの仕事をしたいと自分が思えるかは、そう簡単ではありません。

 

消去法や、条件の抽出によって、数ある仕事の中から、自分の仕事は何が一番いいのかを、見つけ出すことが大事になります。

 

今は便利な世の中なので、様々な職業の特色をまとめた書物も出ていて参考にすることができます。


仕事をする目的のひとつは収入を得るためなので、賃金額から職業を選んでみるのもひとつの方法です。

 

専門知識や技術が必要な専門職業人になることで、高い給料で仕事ができるようになります。

 

もしも、もう専門的な事柄は頭にしっかり入っているのであれば、その専門性を活かして仕事を探すといいでしょう。


かつてないリストラがあったり、名の知れた企業が倒産する話もよく耳にします。

 

安定した収入や、福利厚生を優先して、公務員を希望する人も少なくありません。

 

具体的に何の職業人になるかは、情報を十分に集めて、採用試験についても知る必要がありますので、準備をすることです。

 

給料だけではなく、自分がやってみたい仕事から職業を選択するというのも一つの方法です。

 

Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!

海を越えて行ったり来たりする職業や、専門的な技術を要するものづくりの職業など、仕事は様々なものがあります。

 

仕事探しは、人生を左右する重要なテーマです。

 

どんな職業があるか、興味があるものを調べてから、これはというものを選択しましょう。

 

転職活動に必要な自己分析で自分に適した仕事を見つける

転職活動を行う時には、自己分析をしっかり行っておくことで、自分に合う仕事を探す手かがりができます。

 

自己分析のやり方は色々なものがありますが、転職活動をする時に自分に合う仕事を探すやり方があります。

 

文章書きや、音楽作成などの創造性が必要となる仕事につく人は、自己分析ではそれらの仕事への適性があることが多いようです。

 

芸術的の対極にあるのが慣習的で、この傾向のある人は、やることが決まっている仕事が適しています。

 

事務的な作業や、データ入力の仕事をする人は、慣習性が高い傾向があります。

 

グループや組織などが力を合わせて一つの作業をする場合は、企業的な作業に適性かある人がいることが求められます。

 

転職活動を行う時には、全く畑違いの業種を目指すべきか、これまで培ってきた経験を活かすべきか、迷うことが少なくありません。

 

自己分析を行うことで、どんな仕事が自分の適性に合うかを知ることができますので、選択肢を明確にできます。

 

自己分析を行って、気づかなかった自分の側面に対する理解を深めることが、転職活動の足がかりになることがあります。

 

具体的な診断方法ですが、まずネット上で自己分析と検索すれば、いくつか診断出来るサイトが出てきます。

 

サイトでできる自己分析では、簡単な質問に答えることで、診断結果を確認できます。

 

自分自身を客観的に判断するための情報源にするためにも、自己分析を行ってよりよい転職活動につなげていきましょう。

 

自分に合った仕事の見つけ方

自分に合った仕事を見つけるためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

この機会に自分に関する理解を深めるだけでなく、仕事に関する情報を広く集めることで、自分に合う仕事が何かわかりことがあります。

 

その仕事を知らなかったばかりに、適性があることに気づけないこともあります。

 

自分自身を取り巻く環境や、周囲の要望などでも、働く場所や給料については方向性が出てきます。家族や友人など身近な人ところにこそ世の中を知るチャンスが実はたくさんあります。

 

視野が広がって思わぬところで選択肢が増えたりするものです。

 

潜在的に自分が持っていたポテンシャルが、知らなかった仕事について知ることで、活きることもあるものです。

 

自分に合った仕事を見つけたいと思ったら、職業、職場、働き方を改めて考えてみるのもおすすめです。

 

働き方には正社員だけではなく、派遣、個人事業主などさまざまなものがあります。

 

この仕事でなければ働けないと思い込むのではなくて、柔軟にものを考えることで突破口が見えることがあります。

 

特段何をしたいというわけではないまま働いているという人は、その仕事にエネルギーを注ぎ込むことでわかることもあります。頑張るすることで自分らしさが見えてこともあります。

 

仕事の食わず嫌いを無くすことも自分の仕事を見つけるためには重要です。

 

自分には荷が重いと思えた仕事でも、思いがけず自分に適性があることに気づけることもあります。

 

自分に合った仕事を見つけるためには思い切って自分の視野を広げることが大事なのではないでしょうか。

 

次はこちらもどうぞ


Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!