40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

面接の際の質問に的確に回答する方法

面接は、どこの会社の採用試験でも、ほぼ必ずあるものといえるでしょう。

面接をクリアできるかどうかが、就職活動を成功させ、勤め先を決定する分水嶺です。

面接に臨む時に気をつけたいことは色々ありますが、担当者からの質問をどうやって答えていくかが重要です。

質問をされたら、相手が聞きたいと思っていることを適切に答えるようにしましょう。

何を聞かれているかを、把握することが第一です。

当たり前のことですが、緊張しているのでそれができない人が意外にたくさんいるのです。

私もよく指摘を受けたのですが、面接官がどう答えて欲しいと考えているか、相手の立場になって考えることが必要となります。

質問がよく聞こえなかった時に、想像で補って回答をしていると、噛み合わない答えになってしまったときに不利になるものです。


どんな人でも、普段通りの精神状態でいることのほうが難しいのですから、聞き直しが必要な時は素直に申し出ましょう。

質問の答えをきちんと返したいと思うあまりに、要点を押さえきれずに長い回答になってしまい、評価が下がることがあります。

質問内容に対して、コンパクトな答えができるようにしておきましょう。

時間的には、1分くらいの回答にします。

採用面接の場で、自分が話している時間の長さを把握することはなかなか大変ですが、事前に計りながら話してみることで、おおよその感覚がわかります。

面接対策に役立つ本も販売されており、予想ざれる質問も掲載されているので、しっかり練習しておけば、面接試験はリラックスして臨めるようになるでしょう。