40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

40代、50代で転職に成功する人の特徴と、成功しない人の違い

成功のカギ

 

 

近年、業績の悪化による倒産やリストラ、ブラック企業でのサービス残業などなど・・・無事、定年を迎えることができなくなってきました。

 

40代といえば、結婚していれば子供にお金がかかる時期でもあり、マイホームなど購入していれば、尚更お金が必須ですね。

 

また、今時の50代といえば退職もしくはリストラをされたとしても、まだまだ十分働ける体力も気力もあるわけですから、再就職をするべきだと思います。

 

 

しかし、なぜか「すぐに転職が決まる人」と「何社面接してもなかなか決まらない人」がいます。その違いは何か・・・

 

スキル?特別な才能?容姿?年齢?コネ・・・?

 

実は、すぐに転職が決まる人の多くの人の特徴は「素直さ」なんです。

 

聞くと、「な~んだ」と思われるかもしれませんが、40年、50年生きていると、勝手な思い込みや癖が、沁みついている人が多く、なかなか人の話を素直に聞くことができず、自己主張をする人が多いんです。

 

たとえば、長年「営業職」で働いていた人が転職する際、今までのキャリアを生かすつもりで、また、営業職を、つい選んでしまいがちです。

 

その際、「前のキャリアはすべて捨て新しいことを柔軟に受け入れる気持ち」がないと、転職は上手くいきません。

 

英語にも、「老いたる犬に新しい芸を教えることはできない(You can't teach an old dog new tricks.)」ということわざがあるほどです。

 

f:id:biz_rim:20191019203213j:plain

 

 

40代、50代をあえて必要としている企業は、本当にその道のスペシャリストで即戦力になる人を求めていますが、「年齢不問」という求人の場合、「素直さ」が大事になってきます。

 

転職に成功する人は、人間的に優れているわけでもなければ容姿も十人並みで、ことごとく転職がうまくいかない人達からすれば、「なぜ、あいつが?」と、不思議に思うかもしれません。

 

しかし、この「素直さ」がある人は、教えやすいんです。

 

 

ふつうに考えてみましょう。10代や20代で入社する新社会人なら、社会経験が少ない分、周りも丁寧に教えてくれるでしょう。

 

しかし、それなりに社会経験を積んだと思われる40代、50代の場合、ある程度の社会常識は身についているものだと判断されてしまうのです。

 

また、せっかく転職しても、素直さがないと人間関係でも悩んでしまいがちです。

 

あなた的には「新人だから教えてほしい」と思っているでしょうが、事あるごとに「以前はこうやっていました」とか「前の会社では・・・」といった感じで話してしまうと「いつまで引きずってるんだよ」と不快に思われてしまいます。

 

どんなに、前職が優秀であろうと役職についていようと「プライド」は邪魔にしかなりません。

 

「年齢だけは重ねていますが、できるだけ早くお役に立てるように頑張りますので、ご指導の程よろしくお願いいたします」という謙虚で素直な姿勢を見せるのが好印象となり、転職を成功させるコツです。

 

 

また、人と人の出会いにご縁があるように、転職もあなたと会社の、ご縁です。

 

条件を多くして(休みが多い、高給、厚生福利がしっかりしている等)で、転職先を選んでもいいんですが、数回断られたからと言って、いつまでも凹まないことも大切です。

 

気持ちが凹むと、波動が下がります。下がるとまた面接で落ちるという負のスパイラルにはまってしまいます。

 

基本的に面接して結果が出るまでに1日~7日かかるものです。1社だけ面接をして結果を待って次を探す・・・では効率が悪いと思いますし、モチベーションも続きません。

 

あなたの性格にもよりますが、複数連日面接をして時間を効率的に使うことも大切です。もし、数社からOKが出たら、今度はあなたがしっかり見極めて決めればいいのですから。

 

また、転職までの間、失業保険や貯金で生活できればいいのですが経済的に厳しい場合は、転職活動をしながらバイトをすることもオススメします。

 

1日数時間でも働いて収入を得ておくことで気持ちがマイナスに傾きにくくなりますし、バイト先で良い出会いもあるかもしれません。

 

 

なには、ともあれ「お金と水は止まると腐る」と言います。

 

「素直な気持ち」で「複数面接」そして「明るく過ごす」というのが、転職で成功する人の特徴です。

 

次はこちらをどうぞ:

www.40tenshoku.biz