40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

Amazon Flexのデリバリーパートナーにちょっと興味を持って調べてみた

ひょんなことからアマゾンのデリバリーサービスAmazon Flexのデリバリーパートナー募集という告知を見て、気になってサイトを見てみた。

 

Amazon Flex とは?

Amazon Flex とは、貨トラックや軽バンなどの軽貨物車をお持ちの個人事業主に配達業務を行っていただくサービスです。時間と日時を自由に選べる働き方です。

https://flex.amazon.co.jp/

 

月々35-40万は稼げるとあり、YouTubeに上がっている宅配している人の動画を見ていると、40代で、求職中の人なんかには最適とのこと。

 

それにしてもこういうニッチなものもYouTubeに動画がいくつか出ているのがすごい。

YouTubeがそうしたニッチな需要をしっかり取り込んで益々発展しているという意味で。 フリーランスの人などがこうしたものを作って、YouTuberとして儲けようとしているのだろうけど、それはそれで新しい生き方なのかもしれない。

 

例えばこの動画。軽トラの運転席で撮影(笑)。Amazon Flexのサービスの現在地や可能性が非常に分かりやすく語られている。

 

次の動画も運転しながら撮影しているのだけど、Yahoo!カーナビとゼンリンのナビアプリなどを使い分けして効率的に配達していたりして、非常に参考になる(どうも背景には荷物に建物名などが入っておらず、配達に苦戦するということがある様子。)。

 


いくつかの動画を参考にさせてもらったところだと、Amazon Flexは 軽トラを手配しておく必要はありそうだけど、初心者でもやる気があって、軽トラックさえあればすぐに始められるとのことで、選択肢として知っておくのは悪くないのでは??と思った次第。

 

いやーそれにしてもこういうビジネスを作ってしまうアマゾンってすごい。今までの既成概念を取っ払って、形にしてしまう力が高いなあ。

 

※こう書いていて、UBER EATSの方の動画も見つけてしまった。

 

Amazon Flexといい、UBERといい、新しい働き方(最近、ギグワーカーという単語があるそう。)を可能にするサービスが出てきておもしろい。まだまだ自動運転ができるようになるのは先の話のようだし、しばらくはこうしたサービスでの労働力のニーズはありそう。

 

外部リンク:アマゾンの自社物流「Amazon Flex」は誤解されている--ジェフ・ハヤシダ社長インタビュー

→Uberと違い、こちらはしっかりとドライバーの生活も考えてくれている様子。それにしても今のアマゾンの社長さん、この人に変わったんですね。