40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

40代のマーケティング職の転職のハードル

マーケティング職

 

 



マーケッター(マーケティングスタッフ)が何をしているか10人に聞いてみましょう。

 

10通りの答えが返ってくると思います。

 

商品企画、市場調査、プロダクトマーケティング、デジタルマーケティング、マーケティングコマーシャル等々。

 

 

例えば一言に商品企画といっても、企業の取り扱い品目次第で業務は全く異なってきます。

 

家電メーカーの商品企画なら基本的に開発者と消費者の間でニーズを製品化するまでのプランを企画することでしょう。

 

しかし、無形商材の商品企画なら技術や成果物ありきのシーズを提供するまでを企画することになります。

 

例えば、光回線のインフラ整備が出来た結果、沖縄でコールセンターが多数作られましたよね。

 

光インフラが先に技術として完成し、失業率が高く人件費の安い沖縄でコールセンターを作るというシーズ型の提案です。

 

前者では徹底した市場調査が必要になるでしょうし、後者ではAIDMAを自ら提起する業務になるでしょう。

 

 

このようにマーケッターとは所属する企業によって全く異なる業務に従事しますので、必要なスキルも当然、異なります。

 

極端なお話をすると、アメリカGE社のマーケティング担当者がドイツ・シーメンス社に転職したとします。

 

所属業界・取り扱い品目とも共通部分が多い両社ですが、マーケッターの業務や役割はかなり異なります。

 

共通するのは語学力とパワポ、学会企画くらいでしょうか。

 

それらは両社の入り口に過ぎませんので、基本的には別の業務に従事すると言って良いでしょう。

 

 

さて、40代の皆さんにとってマーケッターの転職はどう映りますか?

 

簡単な転職でないことは容易に想像出来るでしょう。

 

実はマーケッターの転職市場は急激に変化してるようです。

 

近年、デジタルデバイスの普及に伴いIoTとビジネスの融合によるデジタルマーケティングの必要度が高まっていました。

 

SNS全盛の今、どのように購買者を取り込むかがBtoCの市場では大きな関心事項と化していました。

 

ところが、コロナの影響でBtoBの市場でも顧客対応に制限を受けることが増え、非常に大きな関心事項となったのです。

 

従来より必要性を叫ばれていたとはいえ、実務レベルでデジタルマーケティングを学んだ人は40代ではほとんどいないでしょう。

 

しかし、40代となると年齢的にはマネージャークラスの転職となるでしょうし、デジタルマーケティングやwebマーケティングについての経験や知見を求められる時代になりました。

 

一方で面接する側もデジタルマーケティングを良く理解していないという事実もあります。

 

なぜなら、前述の通りですが元来、マーケティングの業務そのものが企業や業界によって異なる為、デジタルマーケティングも同様に企業毎に異なると考えられるからです。

 

 

一例を挙げます。

 

アメリカの大学でマーケティングを専攻し、そのままアメリカの企業でマーケッターとして大規模なデジタルでの集客ツールの企画と分析に従事した人がいます。

 

彼は家庭の事情で日本に帰国しマーケッターとして内資企業に転職を目指しましたが、面接でちんぷんかんぷんな質問を受け、ことごとく落ちたそうです。

 

彼のマーケッターとしてのスキルが非常に高いのは間違いないのですが、彼を面接する人はこう思ったのはないでしょうか?

  1.     自分の立場を脅かす可能性がある
  2.  彼の能力を評価する物差しを持っていない
  3.  採用理由が説明できない

 

なんとも不幸な話です。

 

40代の転職者に高いハードルを設定しておきながら、本当にそのスキルを持っている人には及び腰になる。

 

採用する側もかなり難しい選択をしているのです。

 

とはいえ、面接ではそこそこのスキルを要求されますので、結果的に入社する人は最初から高いハードルを課されるのです。

 

もともと社内でマーケッターって何をしているか分からないと言われますが、コロナを機に更に理解されにくい職種になろうとしているのです。

 

企業毎に異なる業務、定義の曖昧なマーケッターの職務、そして定義すら確立していないデジタルマーケティング。

 

20代、30代では新しい職務への挑戦でしたが、40代ではそうもいきません。

 

現在、40代のマーケッターはマーケティングの歴史上、谷間の世代かも知れませんね。

 


 

Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!