40代転職ガイド

あなたの40代での転職を応援するミドルメディア

アラフォーの中小企業診断士資格取得と転職の現実性

f:id:biz_rim:20211025203807j:plain

中小企業診断士資格取得の意味

 

 

はじめに

中小企業診断士を目指し転職活動をしていた経験から、果たしてアラフォーの資格取得と転職についての現実性はどうなのかをお伝えしたいと思います。

 

また、私は大手企業出身ではなく、これまで中小企業で勤めた経験のみになり、そういった背景の下で、中小企業診断士の資格取得を目指しながら転職活動をした経験者になります。

 

ミドル層になってからの転職は相当な勇気と覚悟、自信がなければ現実的には難しいと思ってます。

 

もちろん大手出身で技術や経験に裏付けされた揺るがない強みがあれば好条件を求めても問題ないと思います。

 

しかし、そういった方ばかりではないので、私の経験は多くの方々に当てはまりやすいのではないか、との思いから率直に書かせてもらいたいと考えてます。

 

40歳転職のリスク

なんといっても40歳での転職市場はどうなっているかという点ですが、今の時代ではミドル転職も盛んになってきていると思います。

 

しかし、やはり40歳台での転職はリスクの方が高いと思ってます。間違いなく即戦力、即結果を求められるので、よほどご自身のキャリアに自信がある人以外は改めて考え直した方が良いと思います。

 

私は元々営業畑出身で自分の営業力については自他ともに認めてもらえるだけの成果を上げてきました。そこでもっと難しい業界に行きたいとコンサルティング会社へ転職を考え、中小企業診断士の資格取得を目指しました。

 

 

中小企業診断士は転職に有利に働くか

まず、中小企業診断士という資格が転職に有利になるかについてはこの資格の独占業務は無く、中小企業診断士としての実績や経験といったキャリアがなければアピールポイントとしては弱いものになってしまうと思います。

 

資格取得で転職すると言う安易な考えは捨てた方が良いかもしれん。

 

私は資格取得の学習をしていく中で机上だけでの知識では恐らく転職は厳しいのではないか疑問を持つようになりりました。


なぜかというとこれまでの営業職を通じて築いた人脈の中に自身で事業を立ち上げた創業者や2代目の社長といった経営者が多く、お話しする機会に恵まれその中で財務や金融、法務、システム関係など診断士試験の学習内容に重なる部分に幅広い知識や見識があり、実社会で経験や体験というものの方が重要だと感じ、中小企業診断士を時間をかけて取得することが果たして正しいのかと考えるようになりました。


私はそういった背景があり中小企業診断士の資格取得しコンサルティング会社への転職と言う考えを排除しました。

 

しかしながら、中小企業診断士は資格取得すると協会に所属することになるのでそこから人脈や仕事の紹介といった発展を期待出来るので会社に属しながら別の収入を得られる道が格段に広がります。


そう考えると転職というよりは属してる組織内でのキャリアアップ、副収入を得るためと言った考え方を先に持ってきて、タイミング見計らって転職という順番が良いと思います。

 

中小企業診断士と年収の関係

中小企業診断士の年収については正直資格取得したからといってすぐに上がるものではありません。これはどの資格も一緒である程度の下積みのような期間は必要になります。


資格取得までの時間と収入との費用対効果で考えると正直高い効果が得られるとは言い難いですが、先にも述べた人脈の広がりや新たな仕事が得られるチャンスが生まれるという点についは非常に魅力的だと思います。


もし資格取得による年収をアップを前提と考えているのであれば、視野を広げてみると収入が上がる可能性については一般的な会社員より格段に高まると思います。

 


転職の動機は?

まずは転職の動機をしっかり深掘りし、本質的な理由を明確にして下さい。


なんといっても40歳代であれば家族がいる方も多いと思いますが20歳代、30歳代の時とは全く違う立場で失敗出来ないと言うプレッシャーもあると思います。


今勤めている会社に属しながら中小企業診断士を取得し、転職活動をする方法が1番リスクは少ないとは思いますが、資格があるから転職が有利になるかと言えばそうではないと思います。


資格取得の為の勉強をする事は何ら悪いことでは無く、向上心があって熱心や持続性があるといった人間性を評価されるとともあると思います。


ミドル層であればこれまでのキャリアを整理して今の自分は何が出来るのか、もし次に行きたい会社があればそこで何が出来るのかを考えることが大事になると思います。


これまで過去に自分がやってきた事に固執するのでは未来を見据えて考える事が重要になると思います。


まとめ

転職する事は今の時期は全く否定的ではなくむしろ多様性という意味ではとても重要な要素になっている傾向にあると思います。


ただし、中小企業診断士を取得したからといっても本音として実務経験者には勝てないと、というのが実際にコンサルティング会社に勤めて感じた率直な考えになります。

 

なぜなら資格取得の為の知識ではすぐには実務に落とし込めない部分が多々あった為です。


40歳台のミドル転職はやはり実務レベルや経験値、環境に対応する能力、推察力、理解するまでのスピード感と言った机上だけでの知識だけではない奥深い要素が非常に重要になります。


仕事に対する向き合い方、携わる仕事内容、人間関係の構築についての原理原則を理解出来ていれば年齢など関係無くどこでも活躍出来ると思ってます。


40歳でも人生の折り返しで、これからまだまだチャンスがあると思うので後悔だけは無いよう突き進んで欲しいと思います。

 

次はこちらもどうぞ

難関資格に合格して転職活動した結果、一度も書類選考を通過しなかった件

 

Twitterでも継続的に情報発信中。是非フォローをお願いします!

はてな読者登録も是非