仕事選びのアートとサイエンス 改訂『転職は寝て待て』感想

天職

 

 

著者名を見たら、即買い状態になっている山口周さんの著書仕事選びのアートとサイエンス 改訂『転職は寝て待て』を手に取ってみました(著者名買いという意味では(今の所佐藤優さんの本なんかもそうなんですが、、、。)。今回も非常に参考になりました。

 

関連リンク(兄弟サイト)山口周 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか 感想

 

山口さんは、なんというか凄く今の時代にミートしたコンテンツを提供されている方だとつくづく思います。



本書のテーマは冒頭に宣言されています。それは今の時代、そしてこれからの時代、仕事選びを予定調和させることはできない。自分をオープンに保ち、いろんなことを試し、じっくりくるものに落ち着くしかない、というものです。

 

”なりたい自分の理想像”からはじめるのではなく、”自分がやりたいこと”からキャリアを積み上げることの重要性が語られています。その中で、仕事を通じて幸せになるには?という重要なテーマに関しての言及もありました。


現代に生きる我々のキャリア作りの前提条件を明らかにしてくれるとともに、自分の天職をどう見つけるか、材料を与えてくれる本です。


以下、マークした部分を簡単に抜き書きします。

 

P24

・クランボルツの調査結果

キャリア形成のきっかけは、80%が「偶然」

 

P50

キャリアにおいてもパッシブセイフティ(事故やトラブルが起こってしまった際に、人体などへの被害を最小限にとどめるための技術)の考え方を取り入れておく必要がある 


P60
学生に「自分が生涯を過ごす会社を選べ」と突き付けて合理的な選択をさせる、というのは、難しいのを通りこして無茶と言うべき

P66

終身雇用制度は太平洋戦争の忘れ形見とも言うべきもので、日本古来の伝統とは全く関係がありません 

 

P98

「自分は何になりたいか」ではなく「自分は何がやりたいか」を問え

 

P107 

・バックキャスティング型キャリアの危険性

常に現実の自分とゴールイメージとのギャップに悩み、現在の自分が獲得している、または獲得しつつある小さな幸せを含めて全否定してしまう可能性がある

 

P113

自分が何かの意思決定をしようとしているとき、その選択は本当に内発的な動機なのかどうか、を今一度考えてみる、というのも、転職を検討する際の大事なポイント

 

P114  

・キャリア・アンカー

個人が自らのキャリアを選択する際に、最も大切、あるいはどうしても犠牲にしたくない価値観や欲求のこと

 

P115

ハプスタンス・セオリーに則ってキャリア形成するためには、機会を増やすだけなく、その機会を掴むための能力を培っておくことが必要

 

P138 

キャリアの転機はそれほど親しくない人からもたらされる

*”元同僚”といったレベルの人々を想定

P180 

・逃げの転職は6ヶ月待て

時間を経ると「平均への回帰」によって自然に改善してしまう可能性がある

 

P191

自由さを獲得したければ不自由な期間を過ごさねばならない

 

P198 

・「攻めの転職」の留意点

「何を得られるかではなく、何を失うかをちゃんと考える」

 

P218

給料の額よりも、本当に「労働」させてくれるところを選ぶ、というのが、人生を幸福に歩むためのポイント



この他、コンサルと広告代理店の仕事の仕方の違いなどの記述も、私自身少しどちらの業界も経験していたので参考になりました。

 

電通やボストンコンサルティング、コーン・フェリー、そして独立と天職探しをされてきた筆者だけあり、実体験からくる説得力がありました。

 

最後の部分では、自分自身を、自分のキャリアを大切にせよ、という筆者のメッセージが強く心に残った次第です。


山口さんのほかの著作と一緒に何度も味わいたい、とてもいい本でした。








仕事選びのアートとサイエンス目次
第1章 転職はなすべきか?なさざるべきか?
第2章 従来のキャリア戦略の問題
第3章 「いい偶然」を呼び込むには?
第4章 「攻め」の転職と「逃げ」の転職
第5章 転職後の心の変化への対処

40歳からのサバイバル転職術 海老一宏 感想

サバイバル転職

著者の海老一宏さんは大手
鉄鋼関連の素材メーカーに就業や食品会社での管理職業務についた後、エンタメビジネスで起業して一定程度大きくしたものの、ある時期に苦境に陥り、人材紹介業に入りヘッドハンタービジネスに従事、独立して会社を経営しているという方。


この本は中高年、特にホワイトカラー(その中でもエグゼクティブと言われる方々)の転職ついて書かれたものである。


終身雇用やケイレツの崩壊など、近年中高年の雇用環境が大きく変わってきており、中高年も転職するにせよしないにせよしっかり将来に備えなければならないという時代背景から、その状況にどう対処するべきか、ということがか語られている。



著者が元々中小企業の経営側にいらっしゃっただけあり、そこからくる経営側の視点での記述のレベルが高く参考になった。


特にホワイトカラーの中高年が中小企業への転職をどう成功させるのか、中小企業の現場経験と多数の支援経験から来る深みがあると感じた(著者の経験からくる起業についての考察も深かった)。



以下は特に印象に残った部分の抜き書き。


P86

必要なのは、小手先のテクニックよりも「一緒に仕事をしてみたい」と他人に感じさせる人間力なのです


P95

絶対に転職できる人材は3種類

-会社の売り上げを上げられる人

-会社を活性化させられる人

-どんな社長の下でも、その意味を汲んで実行に移せるプロフェッショナル


P127(営業の転職の場合)

事前に「アポ先リスト」を自分で作成しておき、面談に持参する


P136

社長の言動の”建前と本音”を区別すべし

*社長の微妙な心理のあやが理解できることが大切という意味


P142

中小企業では”是々非々”が通用しない


総じて、大企業に勤めること、中小企業につとめること、起業すること、それぞれについて考える機会を与えてくれる本で示唆に富む内容だった。




(蛇足)

・個人的には著者のいう二毛作ということで、地縁のある土地の中小企業に転職するというのもありかな、なんて思いも頭に浮かんだ。



・この本で書かれている中小企業での転職者の身の処し方と先日紹介した外資系キャリアの出世術を併読すると、会社でボスに使えるには?という視点で参考になるかもしれない。そういう意味では日本の大企業の方が特殊なのかも?とも思えてくる。




40歳からのサバイバル転職術目次
第1章 中高年の転職をめぐる厳しい現状と可能性

第2章 向こう10年を生き抜くための年代別処方箋

第3章 転職できる中高年と転職できない中高年

第4章 転職書類の盲点、面接突破のポイント

第5章 転職先企業で活躍するための心得

第6章 中高年の幸福なセカンドキャリアのために


【参考リンク】
海老 一宏(アクティベイト株式会社)の特徴・プロフィール(5864779)|エン ミドルの転職

50代からの転職「すぐ決まる人、決まらない人」| プレジデントオンライン




40代の転職は人脈を使えるのが理想

40代男性

40歳になってからの転職活動では、容易に想像できるように年齢という壁が高く立ちふさがります。

20代から30代と仕事をこなして、相応の実績や仕事の成果を積んだ人でも、年齢が40歳くらいになってくると転職はなかなか決まりません。

40代の人の場合には書類選考の時点で、選考からはずされてしまう可能性も高くなっていると考えていいでしょう。

若い頃と同じような感覚で転職活動をしていても、早晩つまづくことは目に見えています。求人を探し、応募をするというオーソドックスな方法では、苦戦することは頭に入れておきましょう。


40代になってから、求人に対して応募書類を出しても、書類選考を突破できるのは10%程度だともされています(最近は人生100年時代を迎え、若干様子は違ってきている様子ではありますが・・・)。

つまり10社と面接するには、100社に申し込まなければいけないことになります。面接から1週間以上の間回答を待って、不採用の結果をもらうと精神的にへこむばかりでなく、時間的なロスにもなってしまいます。

もしも仕事をしていないブランクの期間が長いのであれば、就職活動の状況は一層不利になります。

むしろ、40代での転職は、縁故や人脈を生かして活動を行った方が、より成功率が高く、転職後もうまくいくようです。

40歳になるまでに、周囲の人との関わりがつくれている人ならば、再雇用のチャンスが見つかるのではないでしょうか。

親戚や、友人のつながりを利用することに後ろめたさを感じる人もいますが、人と人とのつながりは採用の重要な要素といえます。

 

つながり転職については次の記事も是非ご覧ください。

www.40tenshoku.biz

公開! 「澤流」スライド作成テクニック @マイナビ を聴いてきた

マイナビさんのITSearchというメディアが開いている澤円(さわまどか)さんのプレゼンセミナーに参加してきた(公開! 「澤流」スライド作成テクニック)。

澤円


いつもVoicyというボイスメディアで澤さんの番組を聴いていて、一度生で講演を聞いて見ようと思ったのがきっかけ。まあ、もちろんプレゼンがあまり得意じゃないというのもあるのだが。

会場はかなりの人。若い人から年配の人まで幅広い層が参加している様子だった。結構皆さん真剣にメモを取っている感じだった。


印象に残ってるのは、

•何を語るか、中身が8割という話

•プレゼンの大枠を作ってからパワポに向かう、という話

•プレゼンの文字はできるだけ減らすべき、という話

•同じく、ノイズになるものを排除すべし、という話

•数字を使うと具体性が増す、という話

パワポを作っている最中にプレゼンのリハーサルをやってしまう、という話

•プレゼンが世の中を作ってきた、という話

•コンビニでもの買うのもプレゼンだという話

などなど。

個人的には、澤さんの実演によるパワーポイントの使い方指南(動画撮影機能•デザインアイデア機能、等々)もかなり参考になった。

パワポ修正


プレゼンのやり方を語りつつ、転職の心構えも語ってしまうというすごいプレゼンで、かなり楽しめた。

澤さんの転職


最近パソコンの前でパワポを作るのに悪戦苦闘しているので、澤さんのプレゼン論を聞けたのは、今の私には大きなプレゼントだった。

今日から次のプレゼンに向かって準備していこうと心を新たにした次第。

*澤さん、働き方改革についての講演も多数こなされているとのこと。個人的にアンテナを立てている内容なので、そちらもフォローしてみたい。

【関連外部リンク】

*今回のセミナーについて澤さんが語っている音声が上がってた。何を隠そう私もセミナー後のQ&Aで最後の方まで残っていたうちの一人です。

【第454回】プレゼンの醍醐味は質疑応答にありという話。|Voicy

改めて過去の放送のタイトルを見させてもらったのですが、プレゼンがテーマとなっているものも多い様子。こちらも是非拝聴したいな・・・と思った次第。

ITsearch+『公開!「澤流」スライド作成テクニック』まとめ|Togetter


Webにもいろいろ載っているみたい。後で読んでみよう。
 
優れたプレゼンは「未来の話」をしている澤円氏が説く、人を動かすプレゼンの極意|ログミーBiz


澤さんの著書、機会があれば手に取ってみたいと思います。






転職に役立ちそうな動画をまとめてみた

YouTubeに掲載されている転職関連コンテンツをピックアップしてみます。

転職面接|Utsuさん


YouTubeで「転職」と検索すると、かなりこの方の動画が。
人気の転職指南コンテンツの様子です。

キャリアカウンセラー和多田保さんの転職講座


→現役キャリアカウンセラーの方の転職指南。

イッシーの人生百年時代ch


→人材紹介業のキャリアコンサルタント経験があるYoutuberだとのこと



桜井陸の駆け込み交番


→警察官の転職向けだとのことですが、一般の就活にも参考にできそうな内容でした。

就活・転職で成功する人、失敗する人|メンタリスト DaiGo

→安易なポジティブシンキングを戒める内容

美輪明宏】これが『就職面接』必勝法!


→われらが三輪さんの面接指南。基本の基本が語られている。

映像で見た方が理解が進むことも多いですよね。良さそうな動画を
どんどん紹介してゆきます。

外資系キャリアの出世術 感想

サブタイトルは会社があなたに教えない50の秘密。


同著者の外資系キャリアの転職術に続いて読んでみた。その名前の通り、50のテーマで企業で出世するための秘密が語られている。


出世の極意としても雇用を守る極意としても読むことができた。



日本とは労資関係が異なるアメリカの話とは言え会社の本質について考えさせられる点が多かった。



特に印をつけたのは以下のような部分である。


・人事部に本音を打ち明けるのは危険である


・部下である間は上司がやりたいと思う方法で仕事をすること


・会社でプライベートの話がプライベートの話をすることでキャリアを台無しにしてしまうことがある


例えば病気になったときに会社にどう伝えるかに注意する。


・抜群の勤務評定を得ることで超える事は実際の仕事ととんど関係がなく上司の期待や認識をいかにうまく扱えるかが全てだ


・昇進を提示されても飛びつく前にじっくり考えるべきだ


・上司が聴覚タイプか視角タイプかで提出する資料を変える


当たり前と思う人には当たり前なのだろうけど、会社でそんなにうまく立ち回れない人(私のこと??)からすると「なるほどね」という感じの記述が方々にあった。


会社とは何なのか?あなたを守ってくれるものなのか、、、その辺りの認識が甘い人は読んでおいて損はないだろう。


今後外資にお世話になることであることもあるかもしれないし、今所属している企業でも必要となる要素もあるかもしれない。


いろいろ考えさせられる1冊だった。





外資系キャリアの出世術目次
はじめに――社員が知らない秘密のルール 第1章 解雇通知は前触れなくやってくる ――偽りの雇用の安定に振りまわされていないか? SECRET1 法律はあなたの仕事を守ってくれない SECRET2 一時解雇。それは文字どおりの意味ではない SECRET3 解雇の兆候を会社が教えない理由 SECRET4 会社の言葉は額面どおりではない SECRET5 重要なのは技術や能力ではない *クビにならないための重要なポイント 第2章 出世の道を閉ざす会社の罠 ――致命的なミスを犯していないか? SECRET6 人事部と話をすると職を失う SECRET7 年齢差別は今もある SECRET8 職場に言論の自由はない SECRET9 「門番」との関係悪化は命取り SECRET 10 賢明すぎるのはあまり賢明ではない SECRET 11 うわさ話には危険がいっぱい SECRET 12 送信ボタンを押した? 電子メールにひそむ罠 SECRET 13 職場の友情はときに危険である SECRET 14 陣営を誤ると敵に間違われる SECRET 15 プライベートな話がすべてを台無しにする SECRET 16 会社はきわめて記憶力が悪い *会社の罠を避けるための重要なポイント 第3章 会社の「作り話」の真実 ――社員の権利は守られていると思っていないか? SECRET 17 権利を主張する社員の給与は上がらない SECRET 18 昇進は求めて得るものではない SECRET 19 勤務評定は能力には関係ない SECRET 20 うわさの真偽は重要ではない SECRET 21 病気休暇や出産休暇は保護されていない SECRET 22 社員が会社を訴えても負けるだけ SECRET 23 経費報告書で忠誠心がはかられる SECRET 24 新しい上司から身を守る四つの秘訣 SECRET 25 感情的になった瞬間に負ける SECRET 26 過ちや失敗を隠してはいけない SECRET 27 知られざる「休暇」の罠 SECRET 28 人は見かけで決まる SECRET 29 社員の価値は机の上に表れる SECRET 30 正しい社内恋愛の方法 *会社の「作り話」に騙されないための重要なポイント 第4章 成功の扉をあける秘訣 ――何があっても動じる必要のない社員になる SECRET 31 忠誠心を会社に起こさせる SECRET 32 先々のことを考えて視野を広くする SECRET 33 余裕があるように見せる SECRET 34 機先を制する SECRET 35 常に上司を感心させる SECRET 36 会社が重視する四つの技術 SECRET 37 上司は顧客、同僚は納入業者 SECRET 38 楽天的に考える SECRET 39 常に舞台の上にいると意識する SECRET 40 生まれ変わった自分を守る *成功の扉をあけるための重要なポイント

第5章 成功したと思ったまさにそのとき・・・
――出世の階段から転げ落ちないために
SECRET 41 昇進した人が直面する壁
SECRET 42 管理職になる前に知るべきこと
SECRET 43 奉仕の精神が輝かしい成功を生む
SECRET 44 頑張りすぎると追いつけなくなる
SECRET 45 業績の悪い部下の責任はあなたにある
SECRET 46 好かれようとすると尊敬されなくなる
SECRET 47 部下のために問題解決してはいけない
SECRET 48 勤務評定で意見を伝えてはいけない
SECRET 49 有能なリーダーはチームの土台になる
出世の階段から転げ落ちないための重要なポイント



関連ブログ記事:組織の掟 佐藤優 感想

派遣の仕事ってどんな感じ?

人材派遣で働く

長引く不景気の影響もあり、正社員よりも派遣で仕事をする社員を採用する企業が年々増加しています。

派遣で働く人は何年か前と比較すると大幅に増えているといいますが、どんな働き方なのでしょう。


派遣会社は、企業に人材を派遣します。派遣の仕事をしたいと思ったら、まずは派遣会社に登録することを始めましょう。

派遣会社としては、パーソル・パソナリクルートなどが有名です。

保険などの福利厚生は派遣会社から入ることが、派遣と正社員との差といえるでしょう。


経験のない仕事にも希望しやすいですし、派遣から正社員になったという人もいます。最近では紹介を前提とした紹介予定派遣、といった制度もあります。


給与は時給で支払われ、1200円~2000円ぐらいが相場です。交通費についてはもらえる会社と時給に含まれる会社もありますので、気を付けましょう。


実際に派遣の仕事をするまでは、一番最初に派遣会社を選択し、登録をします。

どんな職種を希望するかなどは、登録する時に提出します。

仕事の希望条件を登録した後は、条件に合う仕事があれば、派遣会社から派遣先企業の紹介があります。


あっせんを受けた企業で働く意志があるかを返答し、書類を出してもらってOKが出れば、相手企業と顔を合わせます。

応募から仕事を開始するまでの手続きは派遣会社がやってくれます。派遣の仕事にはさまざまなメリットがありますが、デメリットも少なからずあります。


業種や職種の制限を受けずに、広く経験を積むことができることは派遣の強みですし、時給ベースで働くためにサービス残業の心配もありません。


正社員では無いので、会社が暇になった時には契約が打ち切られる可能性があります。

派遣社員として働くことがどういうことか理解した上で、派遣の仕事につく必要があります。