40代の転職は人脈を使えるのが理想

40代男性

40歳になってからの転職活動では、容易に想像できるように年齢という壁が高く立ちふさがります。

20代から30代と仕事をこなして、相応の実績や仕事の成果を積んだ人でも、年齢が40歳くらいになってくると転職はなかなか決まりません。

40代の人の場合には書類選考の時点で、選考からはずされてしまう可能性も高くなっていると考えていいでしょう。

若い頃と同じような感覚で転職活動をしていても、早晩つまづくことは目に見えています。求人を探し、応募をするというオーソドックスな方法では、苦戦することは頭に入れておきましょう。


40代になってから、求人に対して応募書類を出しても、書類選考を突破できるのは10%程度だともされています(最近は人生100年時代を迎え、若干様子は違ってきている様子ではありますが・・・)。

つまり10社と面接するには、100社に申し込まなければいけないことになります。面接から1週間以上の間回答を待って、不採用の結果をもらうと精神的にへこむばかりでなく、時間的なロスにもなってしまいます。

もしも仕事をしていないブランクの期間が長いのであれば、就職活動の状況は一層不利になります。

むしろ、40代での転職は、縁故や人脈を生かして活動を行った方が、より成功率が高く、転職後もうまくいくようです。

40歳になるまでに、周囲の人との関わりがつくれている人ならば、再雇用のチャンスが見つかるのではないでしょうか。

親戚や、友人のつながりを利用することに後ろめたさを感じる人もいますが、人と人とのつながりは採用の重要な要素といえます。

 

つながり転職については次の記事も是非ご覧ください。

www.40tenshoku.biz