40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

仕事を辞める時に大切なこととは

仕事を辞めるときには上司に退職の意思を伝えなければなりませんが、なかなか言い出しにくいのは誰でも同じことです。

辞める話は切り出しにくくはありますが、無断で仕事に行かなくなることはもちろん社会人としてもっとよくないですので、話を通すことは必須になります。

単に上司に話を通せば仕事を辞めることができるというわけではありません。

引き継ぎを済ませたり、取引先に挨拶をしたり、日程を決めることも大事です。


あなたの職場でのポジションによりますが、退職願を提出しても、すぐには退職を受け入れてもらえないことも考えられます。

退職させてもらえない時、上司にどういう理由をつけて言えばいいのでしょうか。

簡単に仕事を辞めることができる理由として参考になるものをいくつか紹介します。


本当のことではありませんが、親族が亡くなり、地元に帰らなければならなくなったという退職理由です。実家の事情を持ち出せば、会社関係の人がどうこうできるレベルの話ではなくなります。

上司や関係者も引き止めにくくなりますので、辞めることが容易になります。

現在の会社より、もっと条件がいい会社に転職できることが決まったという話なら、上司や周囲の人も、引き止めることがとても困難になります。


引き止められることはあるでしょうが、転職先の条件や待遇を伝えることで、会社もきっと諦めてくれるはずです。

ただ単に辞めることを伝えるのではなく、転職するに至った経緯をしっかり伝えることは、円満退職をする上で重要なことです。

会社によっては退職をなかなか認めないケースもあるようですが、強い意志を持って、毅然とした態度で、仕事を辞める意志を伝えるようにしましょう。