40代転職ガイド

あなたの40代での転職を応援するミドルメディア

退職をする時に考えておくべきこと

退職

 

 

仕事を辞める時に大切なこととは

仕事を辞めるときには上司に退職の意思を伝えなければなりませんが、なかなか言い出しにくいのは誰でも同じことです。

辞める話は切り出しにくくはありますが、無断で仕事に行かなくなることはもちろん社会人としてもっとよくないですので、話を通すことは必須になります。


単に上司に話を通せば仕事を辞めることができるというわけではありません。
引き継ぎを済ませたり、取引先に挨拶をしたり、日程を決めることも大事です。


あなたの職場でのポジションによりますが、退職願を提出しても、すぐには退職を受け入れてもらえないことも考えられます。

退職させてもらえない時、上司にどういう理由をつけて言えばいいのでしょうか。

簡単に仕事を辞めることができる理由として参考になるものをいくつか紹介します。


本当のことではありませんが、親族が亡くなり、地元に帰らなければならなくなったという退職理由です。実家の事情を持ち出せば、会社関係の人がどうこうできるレベルの話ではなくなります。

上司や関係者も引き止めにくくなりますので、辞めることが容易になります。


現在の会社より、もっと条件がいい会社に転職できることが決まったという話なら、上司や周囲の人も、引き止めることがとても困難になります。


引き止められることはあるでしょうが、転職先の条件や待遇を伝えることで、会社もきっと諦めてくれるはずです。


ただ単に辞めることを伝えるのではなく、転職するに至った経緯をしっかり伝えることは、円満退職をする上で重要なことです。

 


会社によっては退職をなかなか認めないケースもあるようですが、強い意志を持って、毅然とした態度で、仕事を辞める意志を伝えるようにしましょう。

 

最後の手段としての退職代行

退職でどうしても困ったときには、以下のようなサービスも。かなり行き詰まったときなどに検討してみるのも1つの手段かもしれません。

 

退職代行サービスを提供する「退職代行Jobs」

低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

 

円満退職のための意思の伝え方

退職願

 

転職をする場合は、円満退職をすることもプランの一つとして考えるべきです。



お互い気持ちよくやめることが、勤め上げた会社に対する礼儀というものです。将来的に、かつての会社の人と接点ができる場合もあります。



退職届は仕事を辞める当日に出すものではありません。



円満退職をするためには、2カ月ほど前に直属の上司へと退職したいという考えを伝えておくようにしましょう。



円満退職をするなら、同僚ではなく、まず直属の上司に対して退職を打診するという形式をとることが、社会人に求められる行動です。



社長や部長に話してしまうと直属の上司の管理能力が問われてしまう場合があります。決定事項という形にはしないで、相談をもちかける形で話しかけましょう。



退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために、上の役職の人達と話をまとめてくれます。



円満退職のためには、正式な退職の決定がされるでは、内々にも退職の話を社内の人に漏らさないようにすることが重要になってきます。



個人的な理由で退職をするという形をとると、円満退職がしやすくなります。たとえ、退職の理由が会社内で起きたことに関わっていたとしても、それを話しては円満退職になりません。



引き止めの材料にされてしまうこともあるでしょう。



円満退職を望むのであればたとえどんな理由があろうとも不平不満を述べるのは極力避けましょう。



円満退職をするためには、多少言いたいことがあったとしても、実家の都合や、自分の希望など、周りの人が納得できそうな事情でやめるといいでしょう。

 

転職活動の最終関門円満退職について

円満退職をすることは、転職先を無事決めることができた時に残っている最終関門であるともいえます。



元の会社を円満に退職できれば、大手を振って新しい会社へと身を投じることができるといえるでしょう。



直属の上司に退職の意思を伝える時は、あまり忙しいタイミングにならないようにしましょう。円満退職を目指すのであれば、できるだけ会社業務に差し障らないように注意をしてください。


お金についての話も、退職が決まると同時に進める必要かあります。退職後にすぐ働くつもりでなければ、生活費の準備もいるでしょう。


理解者になってもらうためにも、家族には転職の相談は早めにしておくことが大事です。家族にも協力してもらえる環境を作っておきましょう。


退職することについては安易に口にしないことも円満退職のコツです。円満退職をするには、曖昧な情報が社内に流れることがないようにする必要があります。


退職をすることが決定したら、具体的に何日まで出社するかは、上司と打ち合わせるようにします。退職までにしなければならないことなども含めていい日を決めましょう。


新たな会社に出社をする日をずらさないようにして、退職する日を決めることが大事です。円満退職をするなら、しっかりと仕事は引き継いでおくことです。


当人がいなくなってから評価が左右されることもあります。引き継ぎをきちんと終わらせることができれば、その人の価値は上がります。


退職日の3日前までには引き継ぎが終了するように計画を立て、資料も作成しましょう。

10日前になったら、あいさつ状を関係者に出します。円満退職をするなら、取引先会社に後任者を連れてあいさつにいくことも重要です。

 

会社から借りていた備品を返したり、パソコンのデータをわかりやすく整理することも大事です。退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。



現在の会社を円満に退職するためには、退職日当日まで社員であるという意識を持って丁寧に仕事を続けることも大切です。

 

Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!