成功する40代・50代の転職術 感想

40代の転職

佐々木一美
さんの書いた成功する40代・50代の転職術という本(
副題は60日以内に採用が決まる実践プログラム。)を読んでみた。

佐々木さんは大手企業の部長職を経て転職コンサル会社の「ベルコリンズ研究所」という会社を経営されている転職アドバイスのプロフェッショナルだとのこと。


同書は、主として管理職経験のある40代50代の人がうまく転職するための方法書いた本なのでメイン対象は限定されている。


しかし、

●年齢やエントリー方法に工夫を凝らすある意味で指定を無視する条件破壊応募の話

●転職活動のスケジュールを立てていくのかという話、特に徐々に応募できる求人が少なくなってきた時にどう対応するのかという話

●面接時は企業はとにかく企業側が提示してくる条件を丸呑みし内定が出てから条件闘争に入るという話


等々、応募→書類作成→面接→内定→内定後試用期間まで伝搬的に内容が非常にリアルで転職希望者には参考になりそうだ。


まだ40になってはなかったけど、この本を読んで前回転職した際のきつかった思い出が読みがえってきた。そのぐらいリアルに描かれている。もちろん対策案も出てきているので、読まないより読んだ方がいいのは間違いない。


それにしても改めて過去の転職活動振り返って余裕のある転職活動するには在職中に
というのは大事だなと思った次第。

転職するにせよしないにせよ、日ごろからキャリアについて考えて考えて準備をしていくことが大切なんだろと肝に銘じて実践していきたい。 ※著者の個別指導は1日で10万円にもなるのだそうだ。実は私も著者のものではないが、こうした個別指導を受けた経験がある。確かに高いのだろうが、そうしたものが大きな助けになることもあると思う。蛇足ながら。





成功する40代・50代の転職術目次
第1章 なぜ40代・50代の転職はうまくいかないのか?
第2章 40代・50代は求人情報をこうして入手する
第3章 40代・50代のための「条件破壊応募」術
第4章 40代・50代のための「応募書類」作成術
第5章 40代・50代のための「自己PR文」作成術
第6章 40代・50代のための面接突破術
第7章 40代・50代が内定後にやるべきこと
第8章 40代・50代から始める転職計画

参考外部リンク:中高年の転職

次はこちらもどうぞ:転職体験記