40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

失敗しないための40代の転職活動について

転職エージェント

 

転職が当たり前の時代となった現在だからこそかもしれません。

 

40代の私は常にこんなことを考えていました。

 

「今より待遇の良い会社に勤めたい」や「もっと自分に合った会社があるはずだ」等と。

 

これまでの私の社会人人生には、「転職」という大きな転機が3回あり、自分のスキルアップはもちろんですが、社会人基礎力をはじめたくさんの経験を積むことができました。

 

この転職により、様々な経験を積めたことは私の財産であり、大きな転機であったといえます。

 

ただし、いくら様々な経験を積んできても、次に入社する転職先が自分の満足できる会社である保証はありません。

 

また、このコラムを読んでいる方の中には、「40代だし、20代30代には勝ち目がないので、転職は諦めています…」といった方がいるかもしれません。

 

しかし、これは裏を返すと、転職するチャンスを自ら手放しているともいえます。

 

とはいっても、働き盛りの40代ですから、現職と同時並行に転職活動し続けることは難しいといった方もたくさんいるでしょう。

 

 

「じゃあ転職は諦めろってこと?」となってしまうかもしれませんが、諦める必要は決してありません。

 

転職活動をしている方の中には、ハローワークに通い詰める方もいれば、転職サイトでひたすら応募する方もいます。

 

私の経験をもとにお伝えすると、転職活動を効率的かつ効果的に行うためには、「転職エージェント」を利用することをオススメします。

 

私が40代で転職できた最大の要因は、転職エージェントを利用したからです。

 

転職しようと思うきっかけは、いつ何時訪れるかは誰にもわかりませんし、個々に異なります。

 

ちなみに、私が転職しようと思ったきっかけは、「将来に対する不安」があったからです。

 

30代で入社したときは、このまま定年まで迎えることができるだろうと思っていましたが、なかなかそう簡単にうまくはいかないものですね。

 

会社の業績も右肩下がりとなり、同期入社の仲間や後輩たちが次々と退職し転職する光景を目の当りにするうちに、「自分自身も転職すべきでは…」と考えるようになりました。

 

そこで、このまま悩んでいても前に進める訳ではありませんので、まずは転職エージェント会社に相談することにしました。

 

そして、今の職場環境や将来的な不安要素等を細かく相談し、希望業界や希望年収等を隠すことなく伝えました。

 

私の譲れない条件を転職エージェント会社の担当者としっかりと共有し、納得した形で転職活動をすることに決めました。

 

転職エージェントの特徴の一つに、”求人の質”が高いことが挙げられます。

 

転職サイトのような求人数は期待できないものの、一つ一つの求人の質は高く、多くの転職希望者を惹きつける材料となっています。

 

特に40代ともなると、20代30代のときと違って、最後の転職先となる可能性も高いため、しっかり転職先を見極める必要があります。

 

大抵の方は現職で働きながら転職活動をするわけですから、時間に余裕がない方がほとんどでしょう。

 

私自身も時間的余裕は全く無かったことに加え、当然ながら転職先を失敗したくない想いから、転職エージェントを利用したということです。

 

 

私は以下の2点が転職エージェントのメリットであると感じます。

 

1.充実したサポート体制が構築されているため。

 ※転職エージェントの担当者との詳細な面談を重ねることによって、転職活動の目指 すべき方向性や的確なアドバイスをもらえる。

 ※希望年収や将来性等を考慮し、業界や職種等の絞り込みを行ってくれる。

 ※応募書類の添削や模擬面接等のマンツーマンでのサポート体制が充実している。

 

2.求人の質が高いため。

 ※一つ一つの求人の質は高いため、条件面等に納得した上で選考にエントリーができる。

 ※求人に対して、気になる点等があれば転職エージェント経由で質問が可能である。

 

この2つの理由だけです。

もっというとこれだけで十分です。

 

 

40代ともなると当然ですが、転職活動は20代30代の時と同じようにうまくいくはずがありません。

 

転職業界の中心はあくまでも20代30代だからです。

 

同じ土台で同じ転職活動をすることを考えると、効率的ではないように私は感じます。

 

だったら、40代を希望している会社にターゲットを絞ればよいわけですよね。

 

中堅クラスの年代層が弱い会社だっていくらでもありますし、ある程度の経験をもった中堅管理職として期待できる年代となると40代を中心に需要が固まります。

 

私の場合は、約3ヵ月で転職先から内定をもらうことができました。

 

私の希望条件とマッチする求人やそれ以上の求人まで紹介してくれたため、十分に満足できる転職活動となりました。

 

また、応募書類のやり取りや面接の段取り等は、転職エージェントが遂行してくれるため、働きながら転職活動をする私にとっては、有難いものでした。

 

そして、転職エージェント会社の過去のデータから、その転職先の面接の特徴や職場環境、給与等についても、事前に細かく知ることができるため、不安なく転職先を選ぶことができました。

 

 

あくまでも、転職エージェントの役割は、転職希望者と会社との仲介です。

 

仲介業だからこそ、双方の希望条件がマッチしなければ、転職エージェントの収益は0円のままです。

 

仮に、会社の希望条件やニーズを無視して、転職希望者を適当に紹介し続けたりすると、当然会社からの要望は無視されているわけですから、信頼関係は失ってしまいます。

 

一度信頼を失うと、転職エージェントに求人を出すことは控えるでしょうし、別の転職エージェントに依頼するかもしれません。

 

だからこそ、転職エージェントは、双方にとって失敗をしない転職支援をする必要があるということです。

 

そのようなしっかりとした信頼関係で成り立っている転職エージェントを利用した転職活動は、成功への近道といえるのではないでしょうか。

 

40代で転職について悩みをもっているのであれば、是非一度転職エージェントに相談してみることを検討してみてください。


次はこちらもどうぞ