40代転職ナビゲートblog

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

40代の転職を考える! 確実に成功させるキーポイントとは?

f:id:biz_rim:20190808231243j:plain

 

皆さんは現在の仕事に満足しているでしょうか?

  

ここ数年、キャリアアップや将来を見据えて転職を希望するビジネスマンは年々増えていると言います。入社して3年も経たずに別の企業への転職を希望する若者が全体の3割近くもいるというから驚きです。

 

入社する段階で「この企業には一生いるつもりはない。」と既に転職を見据えて入社する者も多くなっているというから時代は変わり、価値観も変わってきたのだなと感じます。

 

私は現在35歳ですが、過去に3度の転職経験があります。

 

20代の時に2社経験し、現在勤める企業にはちょうど30歳のときに入社しました。その3回の転職ではそれぞれ業界の異なる企業への転職。

 

営業職という職種は変わらないにしても全く別の業界への転職というものは、一から勉強、学ぶことばかりで大変さもありながらも、新鮮な感覚で取り組めていました。

 

3回の転職を経験して感じるコツやポイントは、2つあります。

 

一つは過去の経験にとらわれず、広い視野で転職先を調査すること。

 

よく、前職の経験を活かしたいと考え、同業界や職種に転職を希望する方が多いようですがそれも一長一短。確かにこれまでの経験をそのまま活かすことができれば、仕事に慣れることも早いだろうし、すぐに覚え早期での活躍も期待できるでしょう。

 

しかし、企業が求めるのはただ単に経験を活かして頑張ってくれる人、だけにはとどまらないのです。

 

経験を踏まえた上で、それをどう別のジャンルのことに応用できるか?今までになかったことに臨機応変に対応していける人間なのか?そんなことを大切にする企業が多いのです。

 

ですので、ただ単に経験を活かせる企業、を転職先として探すのではなく視野を広くし固定概念をなくし、様々な分野・ジャンルの企業に興味を持つことが転職成功のポイントの一つと感じます。チャレンジ精神です。

 

二つ目は、転職に自信を持つ、そしてマイナス要因をプラスに捉えるという非常にシンプルなことです。

 

人それぞれですが、それまでの経験や仕事内容によってはやや後ろめたい気持ちで転職を希望する方も中にはいるようです。

 

残業が多い会社だったから・・

 

人間関係に問題が・・

 

転職理由なんていうものは人それぞれです。

 

でも言ってしまえばどんな転職理由であっても本人が本気で転職したいと思えばできるものなのです。要は気持ちでどうにかするということです。マイナスともとれる転職理由であってもプラスに変換してみる。

 

例えば、残業が多かった、という理由の場合。残業が多くて嫌だった、という理由にしてしまえばマイナス。残業が多い会社だったので、これからは仕事の効率化を図り仕事後にも自信のスキルアップなどに時間を使えるようにしたい、と言えばプラスに聞こえる。

 

難しく考えず。どんなことでもプラスに変換していくということが大切と感じます。

 

この2つを意識をして転職を成功させました。

 

でもこれって、20代・30代での転職の話。これが40代のビジネスマンに置き換えるとどうなるか?考えてみましょう。

 

よく35歳、40歳、45歳と5年ごとに転職の時期は転換期、潮目を迎えると言います。

 

いくら人手不足と言われていても、年齢が上になればなるほど転職をすること自体がものすごく難しくなっていくのです。

 

年収も上がるどころか、下がることの方が一般的。10%以上年収が上がるという人は30代では47%いるのに対し40~45歳になると40%を切ってしまうくらいになるようです。

 

そんな厳しくなる40代の転職にどう立ち向かっていくことが大切でしょうか?

 

先ほど書いた私自身が感じる転職のコツ・ポイントももちろん大切になってきます。広い視野で、そしてプラス変換する。ただ、40代の転職ともなるとそれだけでは難しいようです。

 

条件など妥協点を見つける

 

年収、就業時間、企業規模、知名度、通勤の利便性など・・転職先に求める条件は個人個人で異なります。全てが思い通りの企業に転職できれば天国ですがそんなことはまずありえません。

 

そして40代ともなると、それまでの経験も長い分それらを守ろうとする意識が働くようです。こんなに良い年収でこんなに通勤が便利、知名度もそれなりにあって・・これらを全て守ろうとすると絶対に転職はできません。

 

だって、全ての条件を満たせる企業などないし探す時間の無駄、40代なら年齢的にもいくら経験を積んでいようがぐちぐち条件のことばかり言う人間は必然的に対象から外されていく傾向があります。

 

最低限これだけは!という条件を一つ・二つだけに絞って考えるようにしてみましょう。

 

常に勉強!という意識が大切

 

40代はそれなりに経験豊富です。

 

そこで自信過剰になっているビジネスマンも少なからず多くいるのです。「自分はこんな経験を積んでいるからすごい」「デキる人間だ」自信を持つことは大切ですが、過信は大敵です。

 

40代、これからの企業を支えていく重要キーパーソンにもなりうる年代ですからなおさら常に勉強!という意識が必要です。

 

40代の転職は大変、難しいと言われますが諦めずに行動し続けることです。

 

なぜ40代で転職を考えるのか?今までの経験を活かす、そしてその経験をさらに超えるような力を自分は発揮できるのか?自分は今も必要とされる人材なのか?

 

常に自問自答していくことが大切です。

 

50代で転職経験13回という強者もいるくらいですから

 

要は自分次第です。

 

どれだけその転職に本気になれるか?

 

そこを今一度考えてみましょう。

 

次はこちらもどうぞ:

www.40tenshoku.biz