40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

40代で転職できる時代、選択肢はたくさんある。40代転職体験談

f:id:biz_rim:20200517214112j:plain

 

40代での転職が厳しいのは事実です。しかし現在は会社側も「有望な新卒」の他「即戦力」を求めることも増え、必ずしも不可能ではない時代になってきました。

 

私の初転職は44歳、ここではその体験談を紹介いたします。

 

  • 40代で転職が可能な時代 「これからの人生」のために

人生100年時代と言われる昨今、40歳では半分にも至りません。定年も65歳になりつつあり、その後さらに働くことになる時代が近づいてきました。今は40代からでも大きなキャリアアップが可能になりました。

 

また、40代で成功している人ばかりでもありません。そのため、色々な角度からの転職が考えられます。



転職の理由として代表的なものを挙げると

・キャリアアップのため

・収入を増やすため

・人間関係が良くない

・残業休出が多い

・会社のブラック化

前向きな転職もあれば、そうでない場合もあることでしょう。

 

私の場合は「残業休出が多い」「会社のブラック化」の2点でした。年齢と共に体力的な問題が引き金となったので、正直なところ前向きとは言えません。

 

今の30代後半~40代前半の人は、就職氷河期に低条件で就職した世代。また、この年代は子供の頃に「忍耐・根性」を刷り込まれた世代であり、無駄に我慢強い人が多いのも特徴です。悩みがあって当然ともいえるでしょう。

 

悩みを抱えても安定を選択して会社に残るか、リスクを冒して転職するかは非常に難しい問題ですが40代になってその選択を迫られる人も多いのが現実です。

 

私は会社に残るにしても転職するにしても、何か行動に移す必要がありました。環境を変えたいと思う反面、安定を捨てる怖さもありましたが「これからの人生」を意識するようになると、自然に視野と思考が変わってきました。

 

 

  • 転職前の環境

私は大手電機機器メーカーの子会社で機械設計の仕事をしていました。その会社は仕事量が多過ぎて自分の時間がほとんど無かったため、会社外の多くの人々に迷惑をかけていました。また、過度の残業休出は年齢と共に身体への負担が大きくなります。体調を崩した時、これ以上会社に残るのは危険と判断しました。

 

私は転職を決意し、会社にその旨を伝えましたが、退職するまでに1年ほどの時間が必要でした。会社が私を引き留めたわけではなく、単に忙しかったという理由です。

 

抱えていた仕事を片付けて半年後に退職する予定でしたが、会社が受注する仕事が止まりません。気が付くと半年が過ぎており、それでも仕事が入ってくるので辞めるタイミングが狂いました。

 

これ以上は無理との判断で退職届を提出、その半年後にようやく退職日が決まったのですが、その間も仕事は多忙を極めたために転職活動は不可能でした。次の職場が決まらずに退職という痛恨のミスを犯してしまったのです。会社への義理立てもほどほどにすべきでした。

 

  • 転職活動の開始

退職した私は、後悔している暇もなく転職のノウハウを調べるところから始めました。ですが予想していたより転職活動の「手段」が多かったことで心の余裕が生まれたのです。「なんとかなる」と初めて思えた瞬間でした。

 

私の経験した手段は

 ・転職エージェント

 ・転職サイト

 ・ハローワーク

 ・転職フェア

 ・人脈による紹介

 ・派遣会社の説明会

 ・各種学校への入学

調べてみると様々な方法がありました。どれが得策なのかは、その人の性格や経歴によっても変わるので一概には言えません。

 

転職エージェントやハローワークでは、転職のためのセミナーを多く開催しています。有意義なことも多いので登録することを強くおすすめします。私も色々と受講してみましたが、初心者の私にとって下記のセミナーがとても役立ちました。

 

 ・履歴書、職務経歴書の書き方・・・書類作成に役立つだけでなく、自分の経歴が整理できます。

 ・面接について・・・・・・・・・・マナー関連、受け答え関連、練習等、数種類の内容に分かれます。

 ・仕事を探す際の考え方・・・・・・経歴の他、趣味や学校の役員経験等、意外なキャリアが役立つ話。

 

そしてあっという間に3ヵ月が経過。転職活動による時間の流れは驚くほど速いのでご注意ください。


 

  • 職業訓練校の受験

無職のまま3ヵ月以上経過すると、焦りは出てきます。退職金や貯金で暮らすのは身を削る思いでした。転職エージェントやハローワークに相談する内容や回数も増え、ハローワークの勧めもあり私は職業訓練校への入学を決意します。

 

転職時期は半年ほど遅れますが、先々のことや通うメリットを考慮しての決断でした。

 

メリットを挙げてみると

・キャリアアップにつながる

・転職のノウハウを学ぶことができる

・学校に求人が来る

・雇用保険を受給できる

・途中で就職が決まれば退学しても良い

・同じ境遇の人が集まるので心強い

 

学校には色々な学科があり目移りしましたが、私は今までの業種をキャリアアップさせるために三次元CADの学科を選択。入学してみると自分と同年やそれ以上の世代も多いのに驚きました。

 

  • 就職活動の効率UP

職業訓練校に通うと情報量が増え、就職活動の効率が良くなります。「就職のために勉強しよう」という人が集まるので学ぶこと・働くことに対する意識が上がり、視野が広がりました。

 

お互いのキャリアや知識を教え合う勉強会を開いたり資格試験等の情報を得られたりと、どん欲に学ぶ集団です。

 

「転職」という同じ目的で集まった仲間は心強く、良い刺激になりました。その人たちとは今でも交流があります。


 

  • 採用までの道のり

学校に通いながら就職先を探していましたが、採用どころか面接までたどり着きません。

 

転職の格言に「歳の数だけ応募しろ」とありますが、それ以上必要です。諦めるという選択肢はもはやありません、ひたすら求人を観て応募しました。

 

そんな中、求人に「CAD講師」という仕事を見つけ、応募したところ書類が通り面接へ。3次面接まであるという慎重な会社でしたが、遂に採用されました。

 

ちなみにその時点で応募数は60社を超え、面接までたどり着いた企業は4社でした。大変でしたが何とかなるものです。

 

CADについては経験の他、学校や同僚との勉強会によって自信が付いたことが面接での高評価に結びついたと思われます。

 

  • 採用後の状況

CAD講師の仕事が決まったとはいえ、採用された会社はIT系の会社でした。

 

収入減は覚悟の上だったので気になりませんでしたが、予定していた仕事が入らないという理由で別の仕事をすることになりました。未経験のまま現場に出されて苦労したこともありましたが、その後CADシステムの運用とサポート、トレーニングを兼任する仕事が入ってきて、そこに配属されました。

 

ここでも新たなCADを覚えることになりましたが、目まぐるしく変化が起こる時代ですから勉強はいつまでも続くようです。

 

  • いつの時代も情報が大事、策は必ずある

この就職活動で色々なことが見えてきました。特に伝えたいことは

 ・40代で転職しようとする人は予想の他多い

 ・まずは行動すること

 ・情報量が増えれば視野が広がる

 ・勉強すれば何かが見えてくる

 

転職について調べると、時代のトレンドが見えてきます。職業訓練校に通うと転職のノウハウを身に着けることができます。応募数に驚く方も多いのですが、大半はネットでの応募です。時間も手間もかかりませんのでご安心ください。

 

とにかく必要と感じたのは「行動すること」「情報量を増やすこと」「勉強すること」でした。情報と勉強は無駄にならないと信じるようになったのも大きな収穫です。

 

一度きりの人生、会社に残るにも出るにも、まずは行動することが大切、行動すれば必ず何かが見えてきます。

 

残りの人生のためにも、まずは行動に移しましょう!

 

次はこちらもどうぞ:

www.40tenshoku.biz