40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

40代以上ではじめての転職を決意したあなたへ

40代の転職

 

40代以上で転職を考えたとき、スキルアップなどの前向きな理由もあれば、そうではない、後ろ向きの理由など、いろいろあると思います。

 

後者の場合は、特に不安に感じる気持ちが強いと思います。

 

ここでは、40代以上での転職を考えたときに、「年齢」という観点に絞って話したいと思います。

 

転職活動を始める際に、まず考えることは、業界、職種、経験が生かせるかといった観点から入る方が多いと思います。

 

もちろん、これは間違ってはいません。

 

いわゆる「転職の軸」というものを考えたときに、これらはとても重要であることは否定しません。

 

しかし、入社できる会社は1社です。

 

また、少しでも早く決めたいと思っている方が大半だと思います。

そして、離職期間が長ければ長いほど心証は悪くなるのはみなさんご存じの通りです。

 

だからこそ、40代以上の転職について、もう一つ、観点を持って欲しいと思っています。それは、受けようとする会社の年齢構成を知るという観点です。

 

まず、世の中に、会社というものはゴマンとあります。

そして、その会社の数だけ、様々な年齢構成の会社があります。

 

 

結論から言いますと、

40代で転職を考えているあなたに考えて欲しい観点は、自分の年齢や職位が、入りたいとされる会社の年齢構成にフィットするかどうかです。

 

例えば、あなたが、40代で課長職以上で職を探している場合、以下の4タイプの年齢構成の会社があったとします。

 

1、社長が20代で、社員も20代が大半のベンチャー企業。

2、社長が30代で創業者の子息、部長が50代、課長が40代の会社

3.社長が40代前半、部長が30代後半、課長が30代の比較的若い会社

4、社長が70代、部長が60代、課長が50代の歴史ある会社

 

など、

上記の1の場合、40代での転職は難しいでしょう。

理由は、20代の社長があなたのことを使いにくいと考えるからです。

公にはしていませんが、20代の者が欲しい可能性が高いです。

 

2の場合は転職できる可能性は高いと思います。

社長は若いですが、若い社長を年上の社員が支える年齢構成で、40代のあなたにフィットしているからです。

 

3の場合は難しいでしょう。おそらく、人事担当者は社長より年上は困ると言うことでしょう。30代の人が欲しいと考えていると思います。

 

4の場合、課長職以下なら、可能性は高いと思います。

40代でもまだまだ若いと人事担当者は考えて、年齢構成にフィットするからです。

 

日本では、「年功序列、終身雇用は崩壊した」「年齢ではなく実力社会だ」などと、言われて久しいです。

 

中には、終身雇用は完全に崩壊した」などとうそぶくインフルエンサーもいるくらいです。

 

しかし、年功序列、終身雇用が崩壊するとしても、それは一朝一石にできるはずはありません。

 

おそらく、それらが、構築され、定着したのと同じくらい年月がかかるのではないかと思います。

 

まだまだ、年齢にこだわる会社も多いはずです。

 

繰り返しになりますが、入社できる会社は1社です。

 

どんなに、あなたにとって魅力的な業界、職種であったとして、仮に採用側もあなたの経歴や能力に魅力を感じたとしても、それは未知数であり、ある意味賭けになります。

 

自社の年齢構成にフィットしているかを判断材料にするのは仕方ありません。

 

転職活動の際は、会社内部の年齢構成に着目するのは大いにアリだと考えます。

 

 

残念ながら、募集要項には、こういった情報はあまりでてきません。

 

ハローワークや転職サイトも利用する場合は、担当者にその会社では、一体何歳の人間がふさわしいのか聞いてもらいましょう。

 

こういった情報は、会社側からすれば、文書にすると問題ありですが、口頭なら、担当者は答えてくれます。

 

雇う側も、雇われる側もお互いムダな時間は使いたくないからですね。

 

次はこちらもどうぞ:

www.40tenshoku.biz

 

Twitterでも継続的に情報発信中です!