40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

40歳前後での転職についての考え方

40代まわりの転職

 

 

 

私は40代でこれまで数回の転職を経験しています。恐らく平均値より回数は多いと思います。

 

今は昔と違い生涯その会社で勤め抜くという価値観はだいぶ薄れてむしろある程度転職を経験した方が社会の仕組み商習慣、企業文化の特徴といった会社の良し悪しが判断出来る自分なりの基準など身につける事ができ会社の見方が違ってくると思います。

 

転職について経験が少ない方や40代で初めて転職を考えている方が失敗しないよう私の経験を踏まえお伝えできればと思います、

 

転職の目的

まずミドルキャリアとしてなぜ転職をするかを深掘りする必要があります。

 

転職理由として下記のような理由があると思います。

  • 待遇面(給与や評価)
  • 仕事にやりがいを感じない
  • 人間関係
  • 能力や実力が今の会社では発揮できない 
  • 組織に対応できない

 

失敗する転職として間違いなく言えるのは会社や同僚・上司への不平不満で辞めることです。

 

辞めたい理由が外向きだと次の会社でも同じことが起こる可能性があります。

 

そこをしっかり自分自身が理解できていなければ転職はしない方が将来的に良い結果になると思います。

 

自分自身のキャリアの整理

転職をすると決めたならば自分自身のこれまでのキャリアを整理することは最初やるべきです。そして何より大切なことはこれまで自分が何をやってきたかではなく何が出来るかをしっかり考えることです。

 

これまでやってきた事の自己評価は過大になりがちです。その人の評価は他人がすることであり客観的事実を踏まえ過去のやってきた実績やキャリアを整理することが大切です。

 

見る人がみればその人の能力は言動ですぐに見透かされてしまいますので決して虚偽の記載や誇張した発言はしないほうが良いです。

 

条件面の明確化

年齢的に家庭がありローンの返済などがある方も多いと思います。転職する際は条件面をしっかり提示する必要があります。



私はヘッドハンティングでの転職と転職サイトから自分で応募した転職共に経験しておりますが、後者の場合の特に給料面の交渉は非常に難しいと思います。

 

一般的な面接ではなかなか給与についての交渉は切り出しにくいですが、条件が不透明なままでの入社は出来るだけ避けたほうがいいので条件が整ってから最終的な意思表示をしたほうが良いと思います。



家族を困らせないためにもその部分は明確にして転職後の生活シミュレーションも出来る限り詳細にしたほうが良いです。



転職後のキャリア形成

無事転職ができたら残りの人生のキャリアについても考えなくてはいけません。

 

40歳前の転職となればある程度のスキルや能力を持っている前提での入社になります。

 

先にも述べましたが自分がその会社で何ができるか、どうなっていきたいかの方向性をもっていなければキャリア形成に支障が生まれそこでの成長が鈍化してします。

 

同じ業界の転職であればすぐに結果を求められますし、違う業界であればまたゼロから基礎を築きあげなければなりません。

 

どちらにしてもある程度短時間での成果が必要なるので、日々の過ごし方が重要になります。

 

その会社で自分がどのような立場になりたいか、何をすれば周囲からの評価に繋がるかを考えて行動しなければ、そこでのキャリアアップは難しくなります。



転職にはリスクはつきものです。そしてリスクが無ければリターンもありません。現在と未来を比較検討し自分にとってどの選択がベストなのかをしっかり考えて行動する事が大事です。



どれだけ確信を持って次の会社へ移っても必ず何かしらの不満や違和感が必ず生じます。それは自分自身が選んだ結果なのでそこはしっかりと受け入れて下さい。重要な考え方はすべての問題は自分に中にあるということを認識することです。



そして年齢的には体力は低下していきますので将来的に知的生産性を高めるためには何が必要でどんなことをするべきかしっかり考えるべきです。

 

それを念頭におきこれからどのようにキャリア形成していくかを考動に移すことが大切だと思います。

 

次はこちらもどうぞ


Twitterでも継続的に情報発信中(アカウント新設しました。)。

是非フォローをお願いします!