40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

転職募集年齢40歳まで、その時あなたは43歳。どうする?

アラフォーの転職

 

 

アラフォーだからと転職を諦めていませんか?

本当は今の仕事を辞めたい、しかしもう40歳を過ぎ家庭もあるし今更転職は無理とあきらめていませんか?

 

転職を諦め、ただ家族を養うためにサラリーを得るためだけの仕事では人生つまらないと思いませんか?

 

本当に仕事を辞めたいのなら、真剣に考えてみることです。真剣に考えてどうしても無理だと判断したのであれば、何も考えないより今の仕事も少しはプラス思考を持った働き方にできるかもしれません。

 

しかし本当にやりたい仕事があるのであれば、アラフォーでも転職できるチャンスはあります、諦めずチャンスをつかむ努力をすることです。

 

ハイクラスの転職サービスなら、
キャリアカーバー

 

転職したい理由は何か?

最初に転職したい理由をいろいろ書き出し、しっかり分析することが大事です。

 

対人関係が良くないとか給料が安い、通勤時間が長いとか残業が多い、また家族との時間が取れないなどが理由の人はちょっと転職が困難かもしれません。

 

そのような職場環境的な理由はどこの職場にでもあり得ることで、企業も無理して採用する必要がないからです。

 

転職先が採用したくなるような転職理由になっているかが必要です。

 

やりたい仕事内容が明確か?

アラフォーが転職を実現させるためには、自分がやりたい仕事内容が明確でその仕事を通して企業のために貢献したいという強くアピールできる思いや具体的な内容があることが必要です。

 

エージェントの活用

自分なりにやりたい仕事が明確になっても、40歳前後の転職には大変難しく、自分だけの力では限界もあり、また採用されてもミスマッチでまた転職を考えてしまうこともでてきます。

 

そのようなことを回避するために強い味方になってくれるのが、職業探しやいろいろなアドバイスをしてくれるエージェントです。

 

エージェントに登録することにより無料で最後まで支援するところや有料で支援してくれるところがありますので自分に合ったエージェントを見つけ大いに活用することです。

 

[PR]職種別 履歴書・職務経歴書サンプル(提供:JAC Recruitment)

やりたい仕事と適性は別

自分がやりたい仕事と思っていても、熱意や意欲だけでは長続きせずまた転職したいと思うことになりかねません。

 

やりたい仕事が自分の適性に合っているかどうか客観的に確認することも大切なことです。

 

エージェントでは適性検査や面談などを通し希望している仕事が適性とあっているか、必要なスキルや資格などいろいろな角度からアドバイスを受けることができます。

 

採用側の本音を知る

30~40代の人材を採用する企業の本音は、一般的に社員研修などせず即戦力や新たな分野ですぐ貢献できる人材を求めています。

 

採用担当者はこれまで多くの人材を採用し、採用した人材の貢献度などの評価が採用担当者への評価につながるだけに、他の社員との人間関係や積極性などいろいろな角度から慎重に判断します。

 

採用担当者は適性試験や面接をクリアするためのマニュアル通りの転職希望者は長年の経験からすぐ判断できます。

 

そう思われないようにするためには転職のために選んだ理由や具体的な資格や内容などでどのように貢献したいか熱く自分の言葉で伝えることができるようにしっかり準備することです。

 

スキルや資格取得が必要

履歴書など書類審査で採用担当者の目に留まるようにするためには、募集内容にあったスキルや資格を持っていることをしっかりアピールすることが大事です。

 

持っているスキルや資格、経験などから貢献したい具体的な内容が伝わるように表現を工夫することです。

 

転職までの体験談

私は教員になることを子供のころから決めており大学卒業後高校教員をやりました

 

ある時小学生の親たちが先生たちは世間のことを知らないと話していることを耳にし、担任していた1年生が卒業したら一度退職し、民間企業でいろいろなことを経験してからまた教員になろうと思って民間企業へ転職しました。

 

民間企業に転職し設計や営業などいろいろな仕事を楽しく経験し、やりがいもあり、ふと気が付いた時には教員の受験資格である年齢をとっくに過ぎていました。

 

その後も教員が無理なら教育関係の仕事をずっとしたいと頭の中のどこかに残っていました。

 

あるとき新聞で偶然に大学の幹部職員募集の求人広告が目にとまりましたが、募集年齢は40歳までとなっており、その時私は43歳でした。

 

採用担当者に電話をしましたが応募者も多く条件も合わないと簡単に断られました。

 

当然予想していたことだったので、そこから自分なりに作戦を立て履歴書だけでなく自分がどうしても応募したい理由や過去の経験、取得している資格などを通し貢献したいことがあるという熱い思いを文書にして提出しました。

 

電話で一度断られているので無理だろうと思いつつ1週間以上経過し、このチャンスを活かしたいと強く思い今度は訪問して採用担当者に直訴してみようとさえ思っていました。

 

その後思いがけず採用試験と面接試験の通知があり、面接でもやりたい仕事内容や与えられた仕事に対し貢献していきたいという熱い思いを何とか自分なり伝えることができ、選考結果はありがたいことに合格し、定年退職まで本当にやりがいのある仕事をさせてもらいました。

 

43歳の私が募集年齢の年齢40歳までということで諦めていたら、もう一度教育関係の仕事につきたいという願いは果たせなかったと思います。

 

この経験は就活する学生へのアドバイスの一つに「断られてからが勝負」ということを体験から話をすることができ、それで成功した学生もいます。

 

30~40代・アラフォーでも転職を最後まで諦めない!

30代後半や40代・アラフォーだからといって転職をあきらめてはなりません、諦めてしまえば勝負もせずにそこで終わりです、しかし諦めないためにはそれなりの準備が必要です。

 

一人で考えようとしても何から手を付けたらよいか分からず、時間も無駄に経過してしまいます。

 

そこで自分に合ったエージェントを探し、面談などをとおし適切なアドバイスを受けながら、効率的に本当にやりたい仕事に転職できるよう継続して努力し、自分の言葉としてしっかり伝えることができるよう頑張ることです。

 

決して転職できないことを歳のせいにして諦めず、最後まで努力することです!

 

 

*ミドルにおすすめのサービス紹介

正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】 ※ 就活ノウハウやキャリアデザインなど毎日開催!都の委託事業の為、全て無料。

中高年DX人材育成カリキュラム【TechGardenSchool】

※ 「初めてのクラウドソーシングクラス」など在宅で稼ぐためのクラスを設置し、他にはない実務から発想するカリキュラムを提供。

『正しい転職』をしたいならパソナキャリア

※ 丁寧な転職コンサルティングで、中高年の人気も高いエージェントです。

 

次はこちらもどうぞ

  

Twitterでも継続的に情報発信中。是非フォローをお願いします!

はてな読者登録も是非