40代転職ナビゲートブログ

あなたの40代転職を応援するミドルメディア

アラフォー資格なしの未経験職種への転職は不可能ではない。自分の市場価値を上げる最後のチャンスを逃すな

資格試験と転職

 

「アラフォーだけど、これから転職できる?」「無資格・未経験だけど、自分の希望する職種で転職できる?」などの悩みを多く抱える、転職予備軍の方が多くいるかと思います。

 

アラフォーの転職は難しくはないです。ただし希望の職種に対しての何かの資格や経験がある場合になります。もし自分の市場価値がないと感じた場合、資格を取得したり実績を積む必要があります。

 

私は30代半ばで英語の勉強をし始めて、TOEIC800点を取得し、海外営業として転職しました。その経験を踏まえて30代後半での転職について語っていきたいと思います。

 

 

30代半ば積み上げなしの転職活動

私の場合、希望職種の資格・経験なしだったので転職はやはり難しかった!転職市場が30代後半に求めているのは、やる気ではなく能力と経験なのです。

 

幼いころからから海外に機会が多く、何となく英語で人と話す仕事がしたいと思っていましたが、英語学習のハードルが私にはすごく高く感じて諦めていました。ある時、仕事で片言の英語で話す機会があり、やはり英語で話す仕事がしたいと改めて思い、海外営業を目指しました。今思うと結構無謀でした(笑)

 

当時の私の資格は英検2級しかありませんでした。また海外営業の経験もなかったので、なかなか転職市場での需要はありません。

 

転職活動を行っても、ほぼ書類選考は通らなかったです。20社に1社ぐらい通っても海外営業とは違う、少し英語を使用するバイヤーや商品企画の職種にしか通らなかったのです。

 

ここで改めて30代後半での未経験職種への転職の難しさと転職市場での自分の市場価値のなさを現実的に突き付けられたのです。

 

自分の市場価値と将来

どうしても希望職種・または業種に就きたい場合は、自分の市場価値をどうやって上げるかを考えるべきです。市場価値を上げるということ、仮に年齢があがっても、転職市場で企業からの需要があるのです。

 

私の場合は求人広告をたくさん見て、海外営業でどのような資格と経験が必要か研究をしました。そうすると当時の私ぐらいの年齢(30代後半)だと、平均的にTOEIC700点以上、経験は海外営業3年以上もしくはそれに準ずる経験を3年ぐらいは求められるのです。

 

改めてハードルの高さを感じました。こんなことだったら若いときにもっと勉強しておけばとも思いました。ただ嘆いても前には進めません。

 

資格取得の勉強と経験の積み上げ

自分の市場価値を上げるのは短期では難しいです。転職市場で認められるように積み上げていかなくてはならないのです。それは英語に限らず、最低1年ぐらいは必要になります。

 

私はTOEIC取得のために英語の勉強をし、経験を積み上げるためには正社員にこだわるのをやめました。

 

TOEIC取得のために3年間で一日3時間ほど英語の勉強をしました。最初のうちは中学3年生用のNHKラジオ講座の英語を聞き取るのも難しかったですが、続けることでNHKワールドのニュースも聞き取れるようになりました。

 

最終的に2年ほどの学習でTOEIC800点を取得することができました。一日3時間の勉強となると中々大変そうに聞こえますが、工夫次第でどうにかなるものです。私の場合、通勤時間が往復で2時間ほどあったので、そこでは主にリスニングの勉強をしました。スキマ時間を使えば何とかなります。

 

経験についてはいきなり正社員で転職活動はハードルが高いので、派遣社員として海外営業事務として経験を積むことにしました。そしてある程度慣れてきたら、自分でも徐々に取引先の人と交渉したり、販売のための戦略を立てたりして、海外営業として経験を積みました。

 

もちろんこれをいきなりやると正社員の人に嫌がられるので、ある程度関係を作り、忙しそうな人の仕事を引き受けるのです。私はこれを約3年続けました。

 

資格取得後の転職活動の行方

資格は転職活動をやはり有利にします。今の時代、資格がなくても実績があればよいという風潮にもなってきていますが、採用側はまだまだ資格を応募条件として提示しているところも多いのも事実です。

 

実際に私も資格取得前と後ではやはり実際に違いました。書類選考通過率が圧倒的に高くなります。以前はほぼ0に近い数字の書類選考通過率だったのに、応募した数の約5分の1ほどの書類選考が通りました。以前ではありえない数字です。

 

最終的には資格だけではなく、海外営業としての経験も積んだこともあって、化粧品メーカー・装置メーカー・部品商社の3社で海外営業として決まりました。部品商社に行くことにし、ついでに派遣社員時代の年収から約200万円ほど上げることもできました。

 

まとめ

無資格未経験状態から自分の市場価値を高めた場合、30代後半~40代前半の転職はまだ遅くないです。ただし娯楽時間を削って勉強をしたり、一時的に収入を下げて経験を積むような犠牲が必要になります。

 

面倒くさいと思われるかもしれませんが、それくらいの覚悟がないと逆に転職は難しいのです。

 

まだ未経験・無資格での転職に迷っているならば、まずは自分の希望職種の求人広告を見てみましょう。どのくらい積み上げる必要があるか見当がつくはずです。そこで転職に向けて行動するかしないか判断してみるのもよいでしょう。

 

*ミドルにおすすめのサービス紹介

正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】 ※ ミドル向け就活ノウハウやキャリアデザイン講座など開催!都委託事業で全て無料。

中高年DX人材育成カリキュラム【TechGardenSchool】

※ 「初めてのクラウドソーシングクラス」など在宅で稼ぐためのクラスを設置し、他にはない実務から発想するカリキュラムを提供。

『正しい転職』をしたいならパソナキャリア

※ 丁寧な転職コンサルティングで、中高年の人気も高いエージェント。

 

次はこちらもどうぞ

経験者だから語れるアラフォーの未経験転職成功の秘訣

難関資格への挑戦と転職は別物


 




 

Twitterでも継続的に情報発信中。是非フォローをお願いします!

はてな読者登録も是非