40代転職ガイド

あなたの40代での転職を応援するミドルメディア

【まとめ】40代転職にあたって考えておきたいこと

f:id:biz_rim:20211108222841j:plain

40代転職で考えておくべきこと

40代転職を考え始めた方に、当ブログで特に役立ちそうな記事をまとめてみました。サラッと眺めていただければこれ幸いです。

 

 

残された社会人人生で何を成し遂げたいかを整理しておく

まずは1度だけの人生の目的を再考するところから。人生100年時代とも言われる昨今、40代でもまだまだ残りの人生は意外と長いことに注意しておく必要があるというのは以下の記事の通り。

 

 

自分の現在地と転職で獲得できること・失いかねないことを整理しておく

言い古されていることではあるが、現状を棚卸しし、転職で得られそうなことと失いそうなことを天秤にかけ(この際多様な要素で○×比較表を作るイメージで整理しておくのが良い)、本当に転職する価値があるのかの検討をしておくことが大切。

 

 

 

 

 

求人票の読み込みで企業研究をしておく

求人票から読み取れることが多いのに、意外と十分に読み込めていない(読み間違いをしていることも。)。まずは情報調査をしっかりやりたいところ。書類でも落ちることが重なるとかなり心に響くものがある。

 

やみくもに応募するのではなく、ある程度絞った方が良いというのも考慮すべき考え方だろう(やみくもに応募して、バンバン落ちると、気分が滅入る場合が多いだろう。)。

 

 

 

 

人脈・コネの活用を検討しておく

何かこれまでの人脈を活用することで、書類のめった切りなどを経験せずに転職することができないか、ある意味で恥も外聞も捨てての対応も検討が必要。40代だからこその知恵を最大限活かそう。

 


簡潔で、企業にアピールすべき点がまとまった職務経歴書を用意しておく

自分の力量を適確にアピールしてゆく努力が大切。ただし、虚偽はすぐにバレるので注意しなければならない。

 

 

 

転職理由の論理的な説明を用意しておく

 これは年代を問わないが、転職理由について、面接官が納得できたり、共感できたりするものを用意しておく必要がある。いわゆるロジカルさが求められる部分だと思われる。

 

 

 

年下の部下や同僚をどうサポートしてきたかをまとめておく

チームで仕事をした経験や同僚や部下をどうサポートできたか、などで新しい環境に馴染み・チームで行ってゆく仕事の即戦力として活躍できることを伝える必要がある。

 

面接の駆け引きを想定しておく

面接では、単なるアピールだけではなく、駆け引きという要素もある。嘘にならない範囲での面接官との駆け引き、これはビジネス感覚にも通じる。いかに自分を有利に振り込むか、そんなことも意識しておく必要がある。

 


過去の成功体験に固執しない柔軟さを持っておく

これも同上。今までの経験を捨ててでも会社に貢献できる、という心意気も求められる。

 


信頼できる人材エージェントを探し、本音で話せる環境を作っておく

自分の良い点も悪い点も把握して客観的なアドバイスをしてくれるエージェントとの信頼関係をしっかり作っておく(信頼するに足るエージェントを探す努力も大切)

 

 

 

 

 

計画的に円満退職を成し遂げる

できるだけ計画的に活動し、損を排除する心持ちですすめることが大切。社会はある意味で狭い部分もあるので、立つ鳥後を濁さずを実践したいところ。

 

 

 

転職本で情報収集しておく

人材紹介サービスのプロが書いた本を読んでおくのも転職準備のためには有用。おすすめの本を紹介したい。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?網羅できていないものがあれば、ぜひコメント等お寄せいただければ幸いです。

 



■ミドル向けおすすめサービス

パソナキャリア
正社員の転職なら、パソナキャリアの転職支援サービス

 

 

○オンラインで転職のプロに客観的な意見をもらう


現役エージェントが転職・キャリアのご相談にのります エージェント歴10年の経験を活かし本音でお話しします!

 


職務経歴書(履歴書でもOK)を添削・作成します スピード納品OK!人事経験者の現役エージェントがご支援

 

次はこちらもどうぞ

中高年の転職に求人サイトを使おう

 

Twitterでも継続的に情報発信中。是非フォローをお願いします!