転職で成功するための戦略的な考え方について

// 私は新卒で入社したIT企業から、大手メーカーに転職した。転職活動は2ヶ月、第一志望としていた会社に無事転職することができた。 その際に得た、転職をする際に大事にすべき考え方と、成功するためのコツをご紹介する。 いわゆる王道のコツというよりは…

リクルートエージェント、パソナキャリア、JACリクルーティングを比較する

// 転職をしようと思い、転職に関する情報を収集していると出てくる転職エージェント。 どの転職エージェントに登録すればいいのか分からなくて、なかなか踏み切れない事ってありますよね? そんな方の為に、大手転職エージェント3社を比較してみました。 あ…

ブラック企業へ入職し転職を決意するまで

// 私は大学の就職活動時、就職氷河期で40社受けても内定がもらえないことは当たり前と言われる時代だった。 正直、大学まで行ったので就職浪人だけは避けたいと思っていた。『就職氷河期で贅沢は言っていられないので入職できてお給料がそこそこもらえたら…

40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい 感想

// 元マイクロソフト日本法人社長で、大学の教授やHONZという書評サイトを主宰する成毛 真さんの本。成毛さんというと歯にもの着せない発言で有名な人だが、本書もかなり攻めた内容になっていた。(特に40代の人に向けて)会社人生活はなるようにしかならな…

40代の転職を考える! 確実に成功させるキーポイントとは?

// 皆さんは現在の仕事に満足しているでしょうか? ここ数年、キャリアアップや将来を見据えて転職を希望するビジネスマンは年々増えていると言います。入社して3年も経たずに別の企業への転職を希望する若者が全体の3割近くもいるというから驚きです。 入…

IT系転職の失敗談

// 転職エージェントが正しい選択とは限らない!IT系転職の失敗談 年収を落とさず、自分の得意分野で活躍してゆける職場へ転職したい。 この場合、自分の築いた人脈を駆使して転職することがもっとも理想的です。 しかし、自信をもって人脈がある!と断言で…

いい人材紹介悪い人材紹介について 給料戦争 を読んで

PHP文庫のビジネス戦略ノベルシリーズの一つである給料戦争 竹内謙礼 青木寿幸著を読んでみた。 // このシリーズを手に取ったのは初めて。著者の一人竹内謙礼さんはネットビジネスの業界では有名な方なんで名前は存じていたが、まさか小説まで出されれるとは…

キャリアショック 高橋俊介 感想

// 山口周さんの本転職は寝て待てに感銘を受けて、そのもと本の一つとなっている高橋俊介氏のキャリアショックというを手にとってみた。 2000年に初版が出たということだが、この20年の変化を先取りしたと思わせる内容である。 経団連の会長やトヨタの社長な…

出世する人の英語 アメリカ人の論理と思考習慣 感想

40代であっても、一定程度のビジネス英語の備えは必要ですが、外資系への転身という選択肢もあるかと思います。今日はそんな選択肢を考えるのをサポートしてくれる本の紹介。小林真美さん著 出世する人の英語 アメリカ人の論理と思考習慣英語の勉強のための…

40代の転職も増加。人材紹介事業協会のサイトは転職時に要チェック

// 社団法人日本人材紹介事業協会(略称・人材協)のサイトが参考になるのでご紹介。 同協会は「厚生労働大臣の許可を得てホワイトカラーの職業紹介を行う、人材紹介会社を会員とする業界団体」だとのこと。 注目するべきは、先にも言及した大手3社 転職紹介…

仕事選びのアートとサイエンス 改訂『転職は寝て待て』感想

// 著者名を見たら、即買い状態になっている山口周さんの著書仕事選びのアートとサイエンス 改訂『転職は寝て待て』を手に取ってみました(著者名買いという意味では(今の所佐藤優さんの本なんかもそうなんですが、、、。)。今回も非常に参考になりました…

40歳からのサバイバル転職術 海老一宏 感想

著者の海老一宏さんは大手鉄鋼関連の素材メーカーに就業や食品会社での管理職業務についた後、エンタメビジネスで起業して一定程度大きくしたものの、ある時期に苦境に陥り、人材紹介業に入りヘッドハンタービジネスに従事、独立して会社を経営しているとい…

40代の転職は人脈を使えるのが理想

40歳になってからの転職活動では、容易に想像できるように年齢という壁が高く立ちふさがります。20代から30代と仕事をこなして、相応の実績や仕事の成果を積んだ人でも、年齢が40歳くらいになってくると転職はなかなか決まりません。40代の人の場合には書類…

公開! 「澤流」スライド作成テクニック @マイナビ を聴いてきた

マイナビさんのITSearchというメディアが開いている澤円(さわまどか)さんのプレゼンセミナーに参加してきた(公開! 「澤流」スライド作成テクニック)。 いつもVoicyというボイスメディアで澤さんの番組を聴いていて、一度生で講演を聞いて見ようと思ったの…

転職に役立ちそうな動画をまとめてみた

YouTubeに掲載されている転職関連コンテンツをピックアップしてみます。転職面接|Utsuさん→YouTubeで「転職」と検索すると、かなりこの方の動画が。人気の転職指南コンテンツの様子です。キャリアカウンセラー和多田保さんの転職講座 →現役キャリアカウンセ…

外資系キャリアの出世術 感想

サブタイトルは会社があなたに教えない50の秘密。同著者の外資系キャリアの転職術に続いて読んでみた。その名前の通り、50のテーマで企業で出世するための秘密が語られている。出世の極意としても雇用を守る極意としても読むことができた。日本とは労資関係…

派遣の仕事ってどんな感じ?

長引く不景気の影響もあり、正社員よりも派遣で仕事をする社員を採用する企業が年々増加しています。派遣で働く人は何年か前と比較すると大幅に増えているといいますが、どんな働き方なのでしょう。派遣会社は、企業に人材を派遣します。派遣の仕事をしたい…

30代40代のための転職成功ガイド 感想

キャリアカウンセラーの中谷充宏さんの書かれた本、30代40代のための転職成功ガイドを読んでみた。本書のウリは何といっても履歴書の事例が豊富に掲載されていて、しかもボリュームが多いことだと思う。ここまでリアルに・丁寧に載せている本はいまだかつて…

シリコンバレー流世界最先端の働き方 感想

年始にNHKのBSで日本のいわゆる大企業でイノベーションをどう起こすかについての特集をやっていて、シリコンバレーからゲスト出演していたのが、このシリコンバレー流世界最先端の働き方の著者の伊佐山 元さんだった。 その番組の中では確か、オープンイノベ…

一生食べられる働き方 元Google日本法人社長村上憲郎著を読んだ

一生食べられる働き方 を読んでみた 以前このブログでも村上式シンプル英語勉強法という本を紹介したが、今度は同著者による『一生食べられる働き方』という本を読んでみた。一生食べられる働き方 (PHP新書) [Kindle版]村上憲郎PHP研究所2012-03-30 私はこの…

10 年後、後悔しないための自分の道の選び方 感想

本日はボブ・トビンさんが執筆された「10 年後、後悔しないための自分の道の選び方」をご紹介いたします。まず表紙の「未来のために、今を生きよう、考えよう」というキャッチコピーと「あなたは、望みどおりの人生を生きている、と言えますか?」という文字…

外資系キャリアの転職術 感想

外資系キャリアの転職術を読んでみた。副題は採用担当者があなたに教えない44の秘密。著者のシンシア・シャビロさんはアメリカのワークプレイスコンサルタントかつキャリアアドバイザーをやっている方だとのこと。同著者の外資系での出世の方法を書いた本「…

成功する40代・50代の転職術 感想

佐々木一美さんの書いた成功する40代・50代の転職術という本(副題は60日以内に採用が決まる実践プログラム。)を読んでみた。佐々木さんは大手企業の部長職を経て転職コンサル会社の「ベルコリンズ研究所」という会社を経営されている転職アドバイスのプロ…

人材紹介会社に就職活動のサポートを受けよう

今はフリーターでも、近いうちに正社員になりたいと思って就職活動をしている人は多いのではないでしょうか。正社員を目指して就職活動に取り組む場合、どういった方法が効果を発揮するでしょう。最近はネットの就職サイトに求人情報が多く掲載されています…

採用基準 伊賀泰代 感想

伊賀さんはマッキンゼーのコンサルタントを経て、同社の採用マネージャーを12年務めたという方。その伊賀さんが採用基準ということで、マッキンゼーをはじめとした外資系企業が欲しい人材像について書いた本。外資系コンサルファームというとケース面接など…

ワンクリックで世界を驚かせ ウェブデザイナー 中村勇吾 プロフェッショナル仕事の流儀を見る

※過去記事投稿です。久しぶりに、オンタイムに近い感じで、好きなプロフェッショナル仕事の流儀を見ました。いつも見ている広告系のブログで、今回の放送を予告するエントリーが上がっていたのがきっかけでした。今回は、第82回ワンクリックで世界を驚かせ …

みのもんた 義理と人情―僕はなぜ働くのか を読んで

かなり前に話題になった本、みのもんた 義理と人情―僕はなぜ働くのかを読んでみました。義理と人情―僕はなぜ働くのか (幻冬舎新書) [新書]みの もんた幻冬舎2007-03広い層から圧倒的な支持を得ているみのもんた。レギュラー番組が大変多く、売れっ子であり、…

プロ脳のつくり方 コンサルタントの思考スキルと仕事の「型」をインストールせよ 塩野誠著を読む

この頃コンサルタントのビジネススキルについて意識して情報を取るようにしている。先日読んだのがこの本、プロ脳のつくり方 コンサルタントの思考スキルと仕事の「型」をインストールせよ 塩野誠著プロ脳のつくり方 [単行本]塩野 誠ダイヤモンド社2007-04-2…

自分に適した仕事がないと思ったら読む本 感想

福澤徹三さんの自分に適した仕事がないと思ったら読む本を読んでみた。サブタイトルは落ちこぼれの就職転職術。著者は印刷会社•広告代理店•百貨店などを経て作家や専門学校の講師をやってきた人だとのこと。専門学校で指導しているというだけあってどちらか…

なぜ成功する人はアジアしか見ないのか 加藤順彦 感想

著者の加藤さんは昔私が担当していた日広というインターネット広告代理店の社長さんだった方だ。実は私はその当時社長だった加藤さんとも打ち合わせを数回はしたことがあった。社長さんが加藤さんから別の方に変わったこと自体は把握していたのだが、ライブ…